ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Samsung、国内版「Galaxy Tab S」のソフトウェアアップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsung の日本法人は 2 月 1 日、キャリアを介さずに販売している「Galaxy Tab S」のメーカー直販モデルのソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートは、Galaxy Tab S 8.4(SM-T700)と Galaxy Tab S 10.5(SM-T800)が対象になっています。国内向けメーカーモデルにとって今回は久々のアップデートになりますが、待たれている OS アップデートではなく、不具合修正がメインのマイナーアップデートとなる模様です。SC-03G などの一部キャリアモデルは既に Android 6.0 へとアップデートされていますが、SM-T700 / SM-T800 は依然として Android 4.4.2 のままです。Source : Samsung、りんごちゃん、ご連絡ありがとうございました!

■関連記事
Android版「LINE LIVE」がv2.4.0にアップデート、美肌機能などが追加
Huawei P10 Plusは虹彩認証に対応か?新たなレンダ画像が公開
米ライフ、スマートフォンで米びつ内の残量を確認できる「米びつセンサー」を利用した米配送サービスを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。