ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

米ライフ、スマートフォンで米びつ内の残量を確認できる「米びつセンサー」を利用した米配送サービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米ライフは 2 月 1 日、IoT の技術を活用して米びつのお米が無くなってきたらユーザーのスマートフォンに通知し、必要な量のお米をタイムリーに注文できるお米の配送サービス「米ライフ」を 2 月に開始すると発表しました。米ライフは、Bluetooth でスマートフォンと連携するセンサーデバイス「米びつセンサー」とスマートフォン用アプリ「米ライフ Dash」で構成されるサービスで、スマートフォンアプリで米びつ内の残量や温度、湿度を確認し、少なくなってきたらスマートフォンに通知します。通知には、同社の社長が直に産地へ出向き厳選したお米のおすすめ情報が表示され、そのまま注文することもできるようになっています。米びつセンサーは、米びつ内の温度、湿度、米の残量を計測する小型の Bluetooth デバイスで、米びつ内部のフタや天井に貼り付けるだけで利用することができます。米ライフ Dash アプリは米びつセンサーの管理機能のほか、同社が販売するお米を購入することもできるアプリです。米ライフでは、お米農家より直接仕入れたお米を最も美味しく食べることのできる状態に保つ低温倉庫で管理し、ユーザーからの注文が入ると精米して発送します。付近のスーパーや米穀店で購入するお米でも米びつセンサーは利用できますが、どうせなら美味しいお米を頂くのも有りだと思います。Source : 米ライフ

■関連記事
Huawei P10 Plusは虹彩認証に対応か?新たなレンダ画像が公開
6GB RAMや高性能カメラを搭載した「Redmi Pro 2」の噂が浮上
「HTC U Ultra」の豪華なパッケージ内容を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。