ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コメダ珈琲店が手がける甘味処「おかげ庵」はかなりいい、すごくいい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uralatokyo:20170124193618j:plain

前からうすうす気づいてはいたんです。

名古屋の喫茶店オマケ文化スゴすぎないかって。だってコーヒー一杯頼んだら、パンやお菓子、ゆでたまご諸々ついてくるんですよ。

そんなオマケ大国名古屋を代表する喫茶店が「コメダ珈琲店」。1968年に名古屋市で創業し、関東初進出は2003年。いまや全国730店以上、2016年には海外進出も果たしたというから、名古屋を飛び出し今や全国でおなじみの喫茶店となっています。

そんな「コメダ珈琲店」が手がける甘味処「コメダ和喫茶(こめだなごみきっさ) おかげ庵」は名古屋を中心に7店舗展開。そして、2017年1月24日、8店舗目を横浜にOPENさせたというのだからこれは行くしかない!

そんなわけで、「コメダ和喫茶(こめだなごみきっさ) おかげ庵」あざみ野ガーデンズ店におうかがいしました。

ありがたすぎる、おにぎりモーニング

f:id:uralatokyo:20170124200836j:plain

座席のゆったり感は「コメダ珈琲店」と同じ。この椅子、長時間座っても疲れないように設計されているそう。この木のぬくもりを感じられる内装や、ほどよく仕切られたパーテーションなど、くつろぐための工夫が随所に。

長時間いても良いってことですね……。やさしい!

さて、まずはモーニングを注文。メニューを開いて思いました。

「おかげ庵、天才か!」

f:id:uralatokyo:20170124194747j:plain

そうなんだよ、私には米が食べたい朝もあるんだよ!

(外食ならなおさら!)

そして、やっぱり見て。

「お好きなお飲み物に、セットを一つ無料にてお付けします」

だから、オマケすごすぎない!?

f:id:uralatokyo:20170124200527j:plain

▲ブレンド珈琲 450円

ここは、定番のブレンド珈琲を注文。「コメダ珈琲店」でおなじみの豆菓子もついてくるよ(やっぱりオマケ文化ありがたい)。コーヒー、豆菓子ともに「コメダ珈琲店」と同じものだそうです。

f:id:uralatokyo:20170124195356j:plain

これこれ! これがコーヒーのオマケですって! やさしすぎる……。

しかも、おにぎりは注文後に手で握っているそう。握るときも、力を入れすぎず、手の中で転がすように気をつけているのだとか。だからふっくら。私の好きな水分多めのもっちり系のお米でした。具は入っておらず、のりに岩塩が振ってあるそうで、ちょうどいい塩味。だしのきいたほうれんそうのみそ汁との相性も抜群です。

そして、オマケのオマケ的な感じでしょ、と思っていたわらび餅ですが、これが口のなかでとろけるおいしさで……!

なんと本わらび使用というこだわり。

そんなにがんばらなくても大丈夫だよ……(ホロリ)。

「おかげ庵」の名物は焼けるおだんごっ!

「おかげ庵」に来たらこれを食べなきゃ! というのがおだんご。

f:id:uralatokyo:20170125101858j:plain

醤油、きなこ、あんこと3種あり、自分で焼くことができます! 今回は醤油をいただきました。

f:id:uralatokyo:20170125100722j:plain

まず両面を焼き……

f:id:uralatokyo:20170125100845j:plain

醤油をたっぷりつけたら……

f:id:uralatokyo:20170125100701j:plain

焼く!

醤油を付けて⇒焼く、という幸せターンを2回繰り返したら、できあがり。

もう、焼いてる時点で香ばしい香りが……。

f:id:uralatokyo:20170124194902j:plain

▲おだんご 醤油(3本セット) 570円/お抹茶 490円

おだんごを1回目に焼いた時は、早く食べたい気持ちが強くて芯がちょっとまだ冷たかったんですが、2回目はじっくり焼いたところ、本当にアッツアツで香ばしくおいしく焼けました。

なので、時間は気にせず慌てずゆっくり焼きましょう。

焼いている間、同席者と「焼けたかな? まだかなー」などのやりとりしながらから、共同作業しているうちに会話が弾みました。きっとカップルとか家族とかと一緒に行くともっと楽しいよ……。あ、でも1人でも楽しいよ。

そして、何気なく鎮座しているお抹茶ですが、これまた本気。

抹茶は愛知県西尾のものを使用。抹茶というと、京都・宇治のイメージが強いかと思いますが、西尾は国内生産量2位。品質は、世界的に見ても高い評価をされているそうです。このお抹茶も、注文を受けてから一杯ずつたてているのだとか。

きちんと苦味を感じられる本格的な味わいでした。

わかってる。「コメダ珈琲店」と言えばアレでしょ。

「コメダ珈琲店」の人気メニューと言えば「シロノワール」ですよね。「おかげ庵」にももちろんあります。でもここはやはり甘味処。抹茶シロノワールの登場です!

f:id:uralatokyo:20170124195009j:plain

▲抹茶シロノワール 750円(ソフトは抹茶のほか、バニラ・ミックスも選べる)

通常の「シロノワール」では、バニラソフトにメープル風シロップをかけますが、「おかげ庵」の「シロノワール」は、抹茶ソフトに黒みつをかけます。

そして、この抹茶ソフトにももちろん西尾の抹茶を使用。昨今のスイーツに求められるのは「甘すぎない」ということだと思いますが、こちらも甘すぎないうえに、抹茶の苦みも感じられる大人の味。

デニッシュは自社工場で、高品質の小麦粉とバター成分の多いマーガリンを使用し、職人が64層にも折りたたんで焼き上げるのだとか。

提供時の温度にもこだわっているそう。

アツアツふわふわのデニッシュに、冷たい抹茶ソフト……やっぱり天才。

名古屋メシもうみゃーがね!

甘味が充実している「おかげ庵」ですが、関東圏では食べれられるお店がまだまだ少ない名古屋メシもあります。

f:id:uralatokyo:20170125113538j:plain

そういえば、名古屋出身の知人は結構多いのに、だれも「うみゃー」っていう方言を言ってくれたことがないような。

でもこのメニューのラインナップ、絶対「うみゃー」に違いない。

人生で一度も食べたことが無かった、「あんかけスパゲティー」に挑戦しました。

f:id:uralatokyo:20170124195137j:plain

▲あんかけスパゲティ― 830円

私もそうですが、なじみのない他県民は「『あんかけスパゲティー』っておいしいのか?」とちょっと疑っていませんでしたか?

これ、本当においしかったです。

メニューに「甘辛仕たて」と書いてありますが、普通「甘辛」というと、醤油と砂糖のイメージですよね。こちらはトマトの甘みとコショウの辛さでした。

さっぱりした甘さで、後から結構コショウがきいてきます。

店員さん(女子)に「これは名古屋ではオーソドックスな味ですか?」と聞いたところ、「トマト系の味は一般的ですね。でも、ほかのお店のものより自然な甘さでおいしいんです。私は名古屋出身なんですけど、本当は『あんかけスパゲティー』が苦手で……。でも『おかげ庵』のは好きなんです」

「でも、私が言うと、自社製品だからでしょって思われまちゃいすよね、くやしい……」って(かわいい)。

私は他店の味を知らないので比べられないのですが、この「あんかけスパゲティー」に関しては、おすすめできる味でした。

場所は、東急田園都市線あざみ野駅よりバスで5分ほどのあざみ野ガーデンズ内。バスは駅の改札出てすぐの場所から出ているので便利。帰りは歩いて駅まで行ってみましたが、私のトロい足でも20分弱でした。食後の運動にちょうどいい距離。

お得なモーニングはもちろん、昼は名古屋メシ、小腹にうれしい充実の甘味、と使い勝手の良いお店。そして、一品ずつがもういいよって思うくらい、きちんとこだわりを持っているんです。今後もっと店舗が増えることを願おう!

お店情報

コメダ和喫茶(なごみきっさ)おかげ庵 あざみ野ガーデンズ店

住所:神奈川県横浜市青葉区大場町704-11 あざみ野ガーデンズ内

電話番号:045-507-5726

営業時間: 8:00~22:00(LO 21:30)

定休日:無休

ウェブサイト:http://www.komeda.co.jp/okagean/

※金額はすべて消費税込です。

※この記事は2017年1月時点での情報です。

書いた人:M井Mほこ

M井Mほこ

世の中酒で乗り切れると信じる、1982年生まれの編集ライター。酒はうまけりゃなんでもいい。缶コーヒーメーカー広報部で事務の経験あり。毎日コーヒーを飲んでいたため、コーヒーの味だけは結構わかる

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

本日も(本当に)営業中、魚屋三代目の「ちょい時短! ぶりの生姜焼き」【魚屋のレシピ】
自分史上最高レベルのパスタに! 本日も(本当に)営業中、魚屋三代目の「大葉でジェノベーゼ風しらすのパスタ」【魚屋のレシピ】
あの崎陽軒のシウマイの美味しさの秘密を見てきた【楽しい工場見学】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。