ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

秋田生まれ、世界初の「いちご専用日本酒」って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

秋田生まれ、世界初の「いちご専用日本酒」って?
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。2月1日(水)のオンエアでは、話題となっている世界初「いちご専用日本酒」を紹介しました。

このユニークなお酒を販売するのは、去年6月にスタートした果物と日本酒の定期購入サービス「Fruitreat(フルートリート)」です。運営は東京から秋田へ単身移住して起業したという矢野智美さん。もともと東京でITソリューションを提案する仕事をしていたそうですが、「何か起業してみたい」そして「両親の出身地である秋田に貢献できることはないか?」と考え、秋田県が主催するビジネスコンテストに「秋田の果物をブランディングして発信する」というプランでエントリー。見事受賞し、移住&起業という流れになったそうです。

「秋田のおいしくて贅沢な果物は、食べる人が自分と向き合えるような夜のリラックスタイムに楽しんでほしい」という想いから、果物とお酒を組み合わせるというアイディアが生まれたと矢野さん。

「同じ秋田の土地で育まれた日本酒と組み合わせたい」と考えていた矢野さんでしたが、酒造会社の人からは「日本酒は本来、塩辛いものと組み合わせるもの」という意見も…。実現するのにはなかなか難しいハードルもあったそうですが、最終的に、秋田で100年の歴史を持つ浅舞酒造の杜氏さんと出会い、「秋田のおいしい果物の可能性を一緒に追求していこう」とタッグを組み、生み出されたのが「いちご専用日本酒」。このオリジナルのお酒と秋田のいちごをセットにして販売しています。

完熟タイプのいちごは甘さと酸味の濃いものを選び、合わせるお酒には、この季節にできる「生酒」の酵母が生きている発泡タイプを用意しました。

矢野さんは「お酒のサイズがちょうどワイングラスで2杯ほどの容量となっているのですが、いちごとお酒、両方の素材がとても良いので、ぜひ最初はそれぞれの魅力を味わってみてください。そのあと、2杯目のときにいちごを合わせて食べるのがおすすめです」と楽しみ方を教えてくれました。

また、少しいちごを手でしぼってグラスの中に入れるとカクテルのようになり、その味はお米の香りもしつついちごの香りもふわっと広がる、どこか「大人のいちごミルク」のような雰囲気だとか。

ちなみにいちごとお酒のセットは、1月18日に販売開始すると予約段階ですぐに完売してしまいましたが、2月1日より少量ですが再び販売を開始しているのだとか! 気になった方は、「Fruitreat(フルートリート)」で急いでチェックしてみてくださいね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。