ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビルボードジャパンチャート2/6付およびRADIO ON AIR DATA 1/23〜1/29発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビルボードジャパンチャート2/6付およびRADIO ON AIR DATA 1/23〜1/29発表

音楽サイト「Billboard JAPAN」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による2月6日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、Hot Overseas(集計期間:2017年1月23日〜2017年1月29日)および2017年1月23日〜2017年1月29日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

関ジャニ∞「なぐりガキBEAT」JAPAN HOT100総合首位獲得、星野源「恋」連続首位は7週でストップ

シングル252,508枚を売り上げた関ジャニ∞「なぐりガキBEAT」は、ラジオ27位、セールス1位、ルックアップ1位、Twitter10位で、セールス・ポイントの大差を守り、先週V10を獲得した星野源「恋」を抑え、JAPAN HOT100総合首位となった。

「恋」はシングル・セールスでの獲得ポイントが下落、ダウンロードと動画再生では変わらず1位だったが、関ジャニとTHE RANPAGEに次ぐ3位まで総合順位を落とした。THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「Lightning」は、105,461枚を売り上げてシングル2位、ラジオ3位、Twitter2位など各指標のポイントをバランス良く積み上げ、総合ポイントで「恋」を上回った。

先週トップ10を席巻したグリーンボーイズの「声」は総合8位から4位に順位を上げた。今週はシングル・セールス4位、ダウンロード3位、ストリーミング1位の獲得ポイントが大きく、ラジオ34位、ルックアップ6位と他指標ではまだまだ余力を残しており、上位を次週以降も守る可能性が高い。

今週Tweet数を大きく伸ばしてTwitter1位となったAAA「MAGIC」。2月8日のシングル発売を控えてデジタル関連が先行解禁されており、今週はダウンロード20位、ストリーミング17位、動画再生6位で、特にTwitterと動画でポイントを伸ばし、注目度の高さを示している。これがシングル発売まで維持されてジャンプ・アップに繋がるか、次週のJAPAN HOT100も注目だ。

ブルーノ・マーズが洋楽チャート首位最長記録タイ、次週記録更新なるか?

ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が通算13週目の首位となり、洋楽チャート首位最長記録タイとなった2017年2月6日付のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

先週に引き続き、デジタル・セールス、動画再生回数、Twitter、ストリーミングの4指標で洋楽勢1位をキープし、首位を死守した「24K・マジック」。もし来週もこのまま順位を守り抜くことができれば、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」が保持する洋楽チャート首位最長記録を更新することになる。

だが、TOP3圏内は激戦となっており、2位には約70ポイント差でジェイムス・アーサーの「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー〜最愛の君へ」が迫ってきている。今週エアプレイ・チャートで見事1位を記録し、洋楽チャートではワンランクアップ。デジタル・セールスや動画再生回数も徐々に伸びてきている。このままエアプレイをキープすることで、ほかの指標にクロスオーヴァ―していけば、1位を狙える可能性も十分ある。

また、3位にランクダウンしてまったエド・シーランの新曲「シェイプ・オブ・ユー」だが、来週は来日効果と解禁されたばかりのミュージック・ビデオのポイントを積み上げ、首位に返り咲く可能性も大いにあり得る。

今週唯一のTOP20初登場となったのは、19位の「アナザー・デイ・オブ・サン」。各国の映画賞を総なめにしている『ラ・ラ・ランド』のオープニング・ナンバーで、2月17日の日本盤サウンドトラック発売、そして2月24日の日本公開に向け、今後ランクアップしてくることは間違いない。現地時間2017年2月26日に開催される「アカデミー賞」でも有力候補となっているため、今月後半の盛り上がりによるチャート・アクションに期待したい。

アイマス「Yes! Party Time!!」が波乱のアニメチャート首位に「前前前世」は日英2バージョンが登場

今週のビルボードアニメチャートは20曲中10曲が初登場の波乱の様相に。そんな中、1月25日にリリースされた「アイドルマスター」シリーズの最新曲「Yes! Party Time!!」が、初登場首位となった。同曲は、新曲が多数となった今週のチャートでも、CDセールス、そしてルックアップというフィジカル2指標で他の曲を圧倒、コア・ファンの支持の強さを改めて証明した。

2位のRADWIMPS「前前前世」は安定のランクイン。だが、今週は5位にも「Zenzenzense」、つまり同曲の英語バージョンがチャートイン。これは北米公開にともなう英語版の解禁で話題を集めたためだ。後者は、主にラジオとデジタル・セールスでのポイントがチャートインの牽引力となった。

そのほか、新曲では「あんさんぶるスターズ!」のユニット・ソング、Trickstar「HEART→BEATER!!!!」、fine「羽ばたきのフォルティシモ」が、それぞれ3位と4位にチャートイン。「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング曲のKANA-BOON「Fighter」は、CDリリースは3月とまだまだ先だが、ラジオ、デジタル・セールスを稼ぎ、14位に入っている。

2017年2月6日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
100
なぐりガキBEAT
関ジャニ∞
JST
20170125
2
2
22
Lightning
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
RZN
20170125
5
3
1

星野源
V
20161005
20
4
8

グリーンボーイズ
ERJ
20170124
2
5
96
Dead End in Tokyo
MAN WITH A MISSION
SMR
20170125
3
6
3
ヒカリノアトリエ
Mr.Children
TF
20170111
3
7

Yes! Party Time!!
島村卯月(大橋彩香),渋谷凛(福原綾香),本田未央(原紗友里),赤城みりあ(黒沢ともよ),安部菜々(三宅麻理恵)
C
20170125
1
8
6
PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)
ピコ太郎
AVT
20161207
17
9
2
EXCITE
三浦大知
SGR
20170118
3
10
14
MAGIC
AAA
AVT
20170208
3
11
4
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
31
12
5
二人セゾン
欅坂46
SMR
20161130
12
13
7
キセキ
グリーンボーイズ
ERJ
20170124
4
14
10
サイレントマジョリティー
欅坂46
SMR
20160406
46
15
17
STAY TUNE
Suchmos
SMC
20160127
25
16
9
キセキ
GReeeeN
ZEN
20080528
76
17
16
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
WMJ
20161118
17
18
33
セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー〜最愛の君へ
ジェイムス・アーサー
SMJI
20170125
4
19

アイオクリ
The STROBOSCORP
SMR
20170125
1
20
25
A.G.I.T.
Suchmos
SMC
20170125
4

2017年2月6日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1

Yes! Party Time!!
島村卯月(大橋彩香),渋谷凛(福原綾香),本田未央(原紗友里),赤城みりあ(黒沢ともよ),安部菜々(三宅麻理恵)
C
20170125
1
(声優)
2
1
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
32
映画「君の名は。」主題歌
3

HEART→BEATER!!!!
Trickstar

20170125
1
(声優)
4

羽ばたきのフォルティシモ
fine

20170125
1
(声優)
5

Zenzenzense
RADWIMPS
EMI
20170222
1
映画「君の名は。」より
6

flower
蒼井翔太
K
20170125
1
(声優)
7

月明かりイルミネイト
MEZZO”
LA
20170126
1
(声優)
8
16
一滴の影響
UVERworld
SMR
20170201
3
TBS系「青の祓魔師 京都不浄王編」オープニング
9
18
青空のラプソディ
fhana
LA
20170125
2
MXTV他「小林さんちのメイドラゴン」オープニング
10
3
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20160824
23
映画「君の名は。」主題歌
11
2
硝子の瞳
シド
KMU
20170118
2
映画「黒執事 Book of the Atlantic」主題歌
12
10
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
122
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
13
14
ワルキューレがとまらない
ワルキューレ
V
20170125
2
MXTV他「マクロスΔ」より
14

Fighter
KANA-BOON
KMU
20170301
1
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
15
12
無敵*デンジャラス
B-PROJECT
ANP
20161221
4
(声優)
16
9
GO
BUMP OF CHICKEN
TF
20160210
5
MXTV他「GRANBLUE FANTASY The Animation」主題歌
17
4
ワガママMIRROR HEART
大橋彩香
LA
20170118
2
MXTV他「政宗くんのリベンジ」オープニング
18

Uncontrollable
いとうかなこ

20170125
1
MXTV他「CHAOS
;CHILD」オープニング
19

未来系ストライカーズ
アルタイル・トルテ

20170125
1
MXTV他「スクールガールストライカーズ Animation Channel」オープニング
20

瞬間Happening
常木耀(佐倉綾音)
PC
20170125
1
TBS系「セイレン」エンディング

2017年2月6日付 Billboard Japan Hot Overseas

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
1
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
WMJ
20161118
17
2
3
セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ
ジェイムス・アーサー
SMJI
20170125
6
3
2
シェイプ・オブ・ユー
エド・シーラン
WMJ
20170303
3
4
5
クローサー feat.ホールジー
チェインスモーカーズ
SMJI
20160729
24
5
7
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
88
6
4
パリ
チェインスモーカーズ
SMJI
20170113
2
7
6
オン・ホールド
エックス・エックス
BEAT
20170113
6
8
10
トレジャー
ブルーノ・マーズ
WMJ
20121212
9
9
8
キャッスル・オン・ザ・ヒル
エド・シーラン
WMJ
20170303
3
10
20
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
53
11
17
トリート・ユー・ベター~ボクならキミを絶対に大切にする
ショーン・メンデス
UI
20170308
5
12
11
ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー
ブルーノ・マーズ
WMJ
20110112
22
13
9
ビューティフル・ナウ feat.ジョン・ベリオン
ゼッド
UI
20150520
4
14
16
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
85
15
14
レット・ミー・ラヴ・ユー feat.ジャスティン・ビーバー
DJスネイク
UI
20160812
17
16
18
シュガー
マルーン5
UI
20140903
83
17
13
ロッカバイ feat.ショーン・ポール & アン・マリー
クリーン・バンディット
WMJ
20161021
9
18
19
ソーリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
56
19

アナザー・デイ・オブ・サン
ラ・ラ・ランド・キャスト
UI
20170217
1
20

ラヴ・ユアセルフ
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
16

RADIO ON AIR DATA 1/23〜1/29 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー〜最愛の君へ
ジェイムス・アーサー
2
A.G.I.T.
Suchmos
3
Lightning
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
4
SNOW SOUND
[Alexandros]
5
オン・ホールド
エックス・エックス

ラジオ、CSオンエアモニタリング(エアモニ)
調査基準:本サービスは下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を対象に調査・集計。
・一曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard JAPANhttp://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。