体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガポールで1日王道デート!たった1日で何カ国も旅した気分になれた

第93回ピースボートで世界一周中の林仁美さんが、寄港地であるシンガポールからその様子をレポートしてくれました!テーマはずばり「シンガポール王道デート」。仲良しな彼と2人でシンガポールの観光地を巡る旅、ぜひお楽しみ下さい!

 

いざ、デートへ出発!

AQUH1676

今日はシンガポールで王道デート!ということで、彼氏(たか)と思い切ってお揃いコーデでお出掛けです。日本から持ってきたお揃いの帽子と、PEACE BOAT船内でGETした水先案内人ラッパーGAKU-MCさんの「LIFE IS JOURNEY」のTシャツでシンガポール港を出発しました。

SONY DSC SONY DSC

午前中にアラブ・ストリートとリトルインディアへ。まずはアラブ・ストリートにある、スルタン(サルタン)・モスクを目指して歩いていると、なんとも可愛い壁画を発見!※1

IMG_3738

壁一面に絵が描かれていて、クオリティも高く、撮る場所によっておもしろ写真が何枚も撮れます!カップルはもちろん、友達と周るのにもめっちゃ良いスポットですね。こういった壁画はアラブ・ストリートに限らず、シンガポール街全体にあり、その地域ならではの壁画がたくさん楽しむことができます。

IMG_4967 IMG_4973

自分のお気に入りの壁画を探しながら観光すると、さらにその町を楽しめるのでおすすめです。

 

モスクへ到着!

IMG_3836

そのままカラフルなお店が立ち並ぶ道を歩いていくと、スルタン・モスクに続くBussorah Streetに到着。お洒落な飲食店が多く、途中にはセブンイレブンなどもあり観光客でにぎわっています。Bussorah Streetの近くには、カフェや個性派ショップが並ぶhaji Laneなど、幾つかの通りがあり、ご飯を食べたり休憩するにはこの辺りが良いかもしれません。

IMG_3826

通りを堪能しながら、ようやくスルタン・モスクに到着!モスクに着くなり、たかはカメラに夢中です。モスク前は巡礼者が多いのか、市民の広場にもなっていて子ども達が走り回っていました。せっかくたどり着いたというのに、モスク内に入ろうとすると、ちょうど昼休みで入れなかったのは残念でした。※2

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。