ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今が旬!コラーゲンたっぷり♪北茨城市で楽しむ自慢のあんこう鍋【茨城】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大浜丸 魚力

いよいよ冬本番。冬と言えば鍋!全国各地にご当地自慢の鍋があるなか、関東の代表選手と言えば、茨城県のあんこう鍋。あんこうは11月~3月が旬なので、まさに冬の今食べるのが正解!

そこで今回は、北茨城市で味わえる、コラーゲンたっぷりのあんこう鍋をご紹介いたします。あんこう自体の見た目はちょっぴりグロテスク…でもいざ、鍋にして食してみると、美味!さらに、シメの雑炊がこれまた絶品なので、鍋のスープは雑炊用に残しておくことをお忘れなく!

大浜丸 魚力

特製肝味噌を使う独自の味で勝負。

あんこう鍋

あんこう鍋あんこう鍋シメの雑炊がまた美味。我慢してスープを残すべし

いよいよ冬本番、鍋の季節がやってきた。全国各地にご当地自慢の鍋があるなか、関東の代表選手といえば茨城のあんこう鍋だろう。表面はヌルリぷよぷよ、大きな口につぶらな瞳。最初に食べようと思った人はエライ!と言いたくなる容姿のあんこうだけれど、口以外は鍋の具になるほど食べ応えのある魚。エラやヒレ、肝などの各部位は総じて七つ道具と呼ばれている。一般的なあんこう鍋は、醤油か味噌仕立てのスープで七つ道具と野菜を煮込んだもの。あっさりとした味わいが特徴だ。一方で、どぶ汁と呼ばれるものもある。これは北茨城発祥の漁師料理。鍋で肝と味噌を煎り、そこに七つ道具と野菜を入れるだけ。あんこうの身は約8割が水分のため、水を加えずとも鍋ができてしまう。もちろん、味は濃厚だ。今回訪れた『大浜丸 魚力』で味わえるのは、2つの鍋の良さを活かしたもの。どぶ汁特有のコクがありつつ、食べやすいので箸が止まらない。そうそう、あんこうはコラーゲンがたっぷり。女性に嬉しい鍋でもあるのです!

どぶ汁風あんこう鍋 1人前3240円

あんこう鍋

産地ごはん

あんこうの肝と田舎味噌を約1時間煎って作る特製肝味噌が味の決め手。そこに出汁を加えたオリジナルのスープが淡白なあんこうの身を豊かな味わいに。雑炊用のご飯と生玉子付き。

あんこうのとも酢 648円~

あんこう鍋

コチラもオススメ

あんこうの身を茹でていただく郷土料理。ゼラチン質の多い皮やヒレは煮凝り状になる。添えられた酢味噌はあん肝入り! あんこうの入荷量次第でメニューに載るので、あればラッキーな一品。

旬DATA【あんこう】11月~3月

あんこう鍋 水温の下がった海で身が締り、肝が肥大化する冬が食べドキ。皮やヒレなどゼラチン質の多い部位を北茨城では「キョロキョロ」と呼び、その味と食感を好む人が多い。大浜丸 魚力「あんこうは手が滑るから吊るして解体するの」と村山美代子さん 大浜丸 魚力

眼下に海を見渡す五浦の高台で、オープンして35年。主に身内の魚屋から仕入れる鮮魚を使った定食や一品料理が評判だ。冬のお目当ては、やはりあんこう料理。あんこう鍋は10月~3月までの期間限定だ。 大浜丸 魚力

TEL/0293-46-5995

住所/茨城県北茨城市大津町五浦1-131

営業時間/11時30分~14時30分LO、17時30分~20時LO ※夜の営業は金・土・日のみ

定休日/水、ほか不定

アクセス/常磐道北茨城ICより15分

駐車場/10台

「大浜丸 魚力」の詳細はこちら

ココにも立ち寄って!

北茨城市漁業歴史資料館 よう・そろー

漁業の町の歴史を知る。

北茨城市漁業歴史資料館 よう・そろー

北茨城が誇る漁業にスポットを当てた施設。映像とパネルであんこうを紹介するコーナーも。敷地内に物産館と大津漁協直営市場食堂を併設。 北茨城市漁業歴史資料館 よう・そろー

TEL/0293-46-8600

住所/茨城県北茨城市関南町仁井田789

営業時間/9時~17時

定休日/水(祝日の場合は翌日)

料金/入館料大人300円、児童・生徒・学生100円

アクセス/常磐道北茨城ICより15分

駐車場/100台

「北茨城市漁業歴史資料館 よう・そろー」の詳細はこちら

※この記事は2017年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

美しき日本の原風景!世界遺産・白川郷で冬遊び【岐阜】
2000円以下でてんこ盛り!大満足の豪華ご当地海鮮丼【東海】
オープン前から話題!食べる容器「コーンショット」が気になる!(東京)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。