ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】ブルーノ・マーズが洋楽チャート首位最長記録タイ、次週記録更新なるか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】ブルーノ・マーズが洋楽チャート首位最長記録タイ、次週記録更新なるか?

 ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が、通算13週目の首位となり、洋楽チャート首位最長記録タイとなった2017年2月6日付のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 先週に引き続き、デジタル・セールス、動画再生回数、Twitter、ストリーミングの4指標で洋楽勢1位をキープし、首位を死守した「24K・マジック」。もし来週もこのまま順位を守り抜くことができれば、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」が保持する洋楽チャート首位最長記録を更新することになる。

 だが、TOP3圏内は激戦となっており、2位には約70ポイント差でジェイムス・アーサーの「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ」が迫ってきている。今週エアプレイ・チャートで見事1位を記録し、洋楽チャートではワンランクUP。デジタル・セールスや動画再生回数も徐々に伸びてきている。このままエアプレイをキープすることで、他の指標にクロスオーヴァ―していけば、1位を狙える可能性も十分ある。また、3位にランクダウンしてまったエド・シーランの新曲「シェイプ・オブ・ユー」だが、来週は来日効果と解禁されたばかりのミュージック・ビデオのポイントを積み上げ、首位に返り咲く可能性も大いにあり得る。

 今週唯一のTOP20初登場となったのは、19位の「アナザー・デイ・オブ・サン」。各国の映画賞を総なめにしている『ラ・ラ・ランド』のオープニング・ナンバーで、2月17日の日本盤サウンドトラック発売、そして2月24日の日本公開に向け、今後ランクアップしてくることは間違いない。現地時間2017年2月26日に開催される【アカデミー賞】でも有力候補となっているため、今月後半の盛り上がりによるチャート・アクションに期待したい。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
2位「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ」ジェイムス・アーサー
3位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
4位「クローサー feat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
5位「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」マーク・ロンソン
6位「パリ」ザ・チェインスモーカーズ
7位「オン・ホールド」ザ・エックス・エックス
8位「トレジャー」ブルーノ・マーズ
9位「キャッスル・オン・ザ・ヒル」エド・シーラン
10位「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」ジャスティン・ビーバー

関連記事リンク(外部サイト)

2月6日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
【第59回グラミー賞】、ブルーノ・マーズのパフォーマンスが決定
ブルーノ×星野源 日米を代表するポップスター夢の対談がオンエア決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。