体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

保育士不足解消のカギは?「働きやすさ」から「がんばりやすさ」へ

希望する保育園に入るための保育園活動…通称「保活」と密接に関わっている保育士不足の問題。保育士の離職率は10%前後と決して高くない数字であるにもかかわらず、現場に「人手が足りない」といわれる理由とは?そして、問題解決のカギは一体どこにあるのでしょうか。

子どもを必要以上に“子どもあつかいしない”「オトナな保育園」という一風変わったコンセプトを掲げ、注目を集めている社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園グループの理事長・迫田健太郎氏に、現場での取組みを伺いました。

f:id:tyo-press:20170130093421j:plain

迫田健太郎(さこだ けんたろう)

社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園グループ理事長

立教大学経済学部経済学科を卒業後、アクセンチュアに入社。2003年に同社を退社し、社会福祉法人あすみ福祉会の常任理事に就く。茶々保育園グループの全体統括や人事管理、人材育成を行い、2013年に理事長に就任。現在、12園の保育施設を経営する。講演実績に「保育園のブランディング」「プロフェッショナルとしての保育者を育てるために現場ができること」など多数。2017年4月に世田谷区に2か所の新園が開園予定。

保育士不足は給与だけの問題ではない

——「保育園に入れない」と悩むワーママやイクメンたちのニーズと、現状にはどのようなギャップがあるのでしょうか?

広い視点で見ると、日本は少子化です。一方で、保育園のニーズだけは上がっていく歪(いびつ)な構造になっています。特に認可保育園は多額の公金が投入されるため、行政としても「数年後に保育園ニーズがピークアウトして、余ってしまったら」と危惧しているのだと思います。働いている保護者の方の意見を、自治体や行政が受け止めきれていない雰囲気はこうした視点の違いに寄るのではと感じますね。どうしても我々の立場としては保育園に入園してきた方としか交流できませんので、他に何万という涙を飲んだ方がいらっしゃると考えると、少々複雑な思いになります。

——「保育士が足りない」といわれる一方、保育士の離職率は平均8~10%と他の職種と比較しても高い数値ではありません。この点については、どのように捉えていらっしゃいますか?

高い数値ではありませんが、決してゼロではないことを私としては問題と感じています。数多くいる「潜在保育士」(※保育士の資格を持っていながら実際には保育士の仕事についていない人びと)が再び現場に戻れば、保育士不足は一気に解消されると聞いたことがあります。ですから、まずはそういう方達が保育士の仕事をしたいと思えるように、現場の人間が内側から変えていく必要があると思います。

「数が足りないから、保育士の処遇を上げよう」という国や自治体の動きもありがたいのですが、保育士不足は給与だけの問題ではないと思います。それに将来保育士が余ったら、給与も下げられてしまうかもしれません。「足りないから」ではなく「保育士は素晴らしい仕事だから」と世の中に認知してもらってこそ、本当に給与や待遇が見直されると思います。

f:id:tyo-press:20170130093608j:plain

「働きやすい」ではなく「がんばりやすい職場」を用意することが大事

——質の高い保育士を集めるために、どのような取り組みをされていますか?

まず、園としての保育のコンセプトを明確にしています。理念を掲げることで、そこへ共感した職員が集まり結果として保育の質の向上の方向性が定まります。当園では「オトナな保育園」をコンセプトに、20年後——子どもたちが26歳になったとき社会で活躍している人間になってほしいという思いで、子どもたちと接しています。相手を子どもとして扱うのではなく、「今はたまたま子ども」というだけの対等な人間として向き合い、子どもたちとスタッフが互いに成長していく保育園を目指しています。

また、当園は「働きやすさ」ではなく「がんばりやすさ」という言葉を用いて、保育士自身が頑張りたいことに取り組める職場を目指し、手当や人事制度を用意しています。定期的に園長と面談をして、スタッフ一人ひとりが抱える課題を洗い出し、トレーニングによって質を向上させていく。客観的な評価を通して、スタッフを育てています。

——コンセプトを明確にすることで、保護者と保育士の関係性も変わってきそうですね。

その通りです。保護者も保育士も、同じコンセプトに共感した同志が集う場になります。保護者の方が保育園に子どもを預けて社会での役割を果たさなくてはいけないとき、保育園と家庭とでコミュニケーションをとり合い協力することが不可欠です。そのためには互いに信頼しあえる、心のつながりがとても重要なのです。

例えば夕方のお迎え。保育士の仕事はそこで終わりだと思われがちですが、お母さんは家に帰ってからもやることがたくさんありますよね。そこで保育園として「早く子どもを迎えに来て」ではなく、子どもを預けたまま保育園に併設されたカフェに寄ってください、と言っています。会社の一員から、○○ちゃんのママへの切り替えの時間を提供したいという思いと、時には「お茶」を通して保育士と保護者とでコミュニケーションを取ってもらうためです。

当園では保育士に名刺をもたせていますが、これは保育業界としては珍しいことなのです。社会人ならば肩書きを持って相手に名乗る、という行為は当たり前ですよね?それが無いという点が、日本の保育業界が社会性を失っている原因のひとつだと考えています。家族のサポーターであるために、保育士も自立した社会人であるべきなのです。

f:id:tyo-press:20170130093811j:plain

社会への関わり方を、保育園も変えていかなくてはいけない

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。