ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ベトナムが賭博を合法化 / ギャンブル収入を国外に流さないため

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ca1

ギャンブルができる国はそう多くないが、そのスリルと娯楽を求めて、多くの観光客が「ギャンブル合法国」へと旅行している。勝負に勝って大金を得る人は少なくないが、それ以上に負ける人も多く、国にとって賭博が重要な収入源(国力アップ)に繋がっている。

・賭博費をベトナム国内に留める
香港、カンボジア、マカオ、北朝鮮、アメリカ、シンガポール、あらゆる国にカジノが存在するが、2017年1月、ベトナム政府が賭博を合法化した。いままでベトナム人が合法的にカジノを楽しむためには、海外に行く必要があった。今回の施策は、国民が自国のカジノに行く流れを作るのが狙いで、富裕層からの賭博費をベトナム国内に留めることができる。

・カンボジアまで行く必要なし
ベトナム人が安心して手っ取り早くカジノを楽しむには、隣国のカンボジアに出向き、カジノが設置されたフェリーやフェリーホテル、カジノコンプレックスなどで楽しむ必要があった。しかしそれが自分の国、自分の町で楽しめるのだから、ギャンブル好きのベトナム人にとってそれ以上嬉しいことはない。

ベトナム人がベトナム国内の合法カジノで遊ぶには、21歳以上で収入が月収5万円以上あることが条件である。その条件を満たすことにより、カジノへの入場権を5000円で買う権利がもらえる。

ca2

・「黙認」と「合法」は違う
ちなみに、賭博が合法化されていない国にも複数のカジノが存在するが、それらの施設で遊ぶことは推奨できない。

国が認めていない以上、外国人観光客だろうと逮捕の危険性が生まれる。「黙認」と「合法」とでは、リスクに大きな違いがあるのだ。

もっと詳しく読む: ベトナムが賭博を合法化 / ギャンブル収入を国外に流さないため(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2017/02/01/vietnam-money/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。