ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トミタ栞、音楽活動における新たなスタート! 第二の故郷“横浜”で上京時を綴った「300」から感じる温もり… そして本日2/1は誕生日、東京公演@渋谷クアトロ開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
トミタ栞、音楽活動における新たなスタート! 第二の故郷“横浜”で上京時を綴った「300」から感じる温もり… そして本日2/1は誕生日、東京公演@渋谷クアトロ開催

 【トミタ栞 SPIN TOUR ~はじめてのTOURは横・東・名~】が1月29日 横浜BayHallにてスタート。トミタ栞の音楽活動における新たなスタートとなったこの日の光景とその中で歌唱されたあの曲が、まだ温もりをもったまま胸に宿る。

トミタ栞 その他画像など

 初開催となった本ツアーでは、横浜公演を皮切りに2月1日 東京・渋谷CLUB QUATTRO、10日 名古屋・池下CLUB UPSETとまわっていく。初のツアーといえば東京、名古屋、大阪というのはよく耳にするが、東京も横浜もまわる初のツアーというのはあまり聞かない。しかし、トミタ栞にとっては必然の開催場所。テレビ神奈川の人気番組『saku saku』で一躍お茶の間の人気者となり、現在もFMヨコハマでレギュラー番組『だめラジオ』を抱える彼女にとって“神奈川・横浜”は、第二の故郷ともいえる外せない場所なのだ。

 また今回は、石野卓球、スネオヘアー、ROCKETMAN(ふかわりょう)、コレサワら様々なアーティストに参加してもらった2ndアルバム『SPIN』を引っさげてのツアー。そしてそのアルバムには「300」が収録されている。この曲は彼女が4、5年前に故郷・岐阜県飛騨高山から上京してきた頃の自分を客観的に思い返し、作詞を手がけた楽曲だ(トミタ栞『SPIN』インタビューより)。「300」には“大好きな故郷”を離れ、新たなスタートを切った当時の想いが詰まっている。

 ツアー初日、横浜公演でもこの曲が披露された。音楽活動に対しても前向きに、できることなら何でもチャレンジする姿勢をみせるトミタ栞。そして遂にツアーを実現させ、音楽活動の新たなスタートに立っている。状況は違えど「300」歌唱時の彼女は、歌詞中のトミタ栞そのものにみえた。“本当に今 楽しみなことより 不安ですごく怖いんだ”この日駆けつけたファンの彼女を見守る姿は、家族や親戚、幼馴染と感じるくらいみな温かいもので、その光景に胸が熱くなるほどだった。それゆえに、トミタ栞は「大丈夫」と自らへ言い聞かせ、新たなスタートに歩を進めることができるのかもしれない。

 まだツアーは東京、名古屋と残っており、トミタ栞の誕生日当日(2月1日)に開催される東京公演にはゲストとしてROCKETMAN、神田莉緒香、さらに開演前にカンカン、ギフト☆矢野の出演も決定。そして名古屋はレギュラー出演中の中京テレビ『ITパンプ』(20:54~ 21:00)人気もあり、どちらの公演も楽しみなステージだ。是非、トミタ栞の初ツアーを目撃してこれからの活動にも注目してほしい。

取材:フルカワタイスケ
撮影:杉岡祐樹

◎ライブ情報
【トミタ栞 SPIN TOUR ~はじめてのTOURは横・東・名~】
2017年1月29(日) 横浜BayHall ※終了

2017年2月1日(水)東京・渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:3,564(税込)※トミタからのお土産付(横浜・名古屋公演とは異なります)

2017年2月10日(金)名古屋・池下CLUB UPSET
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット:3,564(税込)※トミタからのお土産付
http://www.tomitashiori.com/

◎リリース情報
2ndアルバム『SPIN』
2016/12/7 RELEASE
<初回生産限定盤>(CD+DVD)
ESCL-4714~5 3,518円(tax out.) 
<通常盤>(CDのみ)
ESCL-4716 2,778円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

トミタ栞、初ツアー横浜で開幕! 2/1東京公演にはROCKETMAN(ふかわりょう)、神田莉緒香の出演決定も
木村カエラ/トミタ栞らを輩出した人気番組『saku saku』終了…現MCのNANAE(7!!)ら出演ライブイベント開催決定
トミタ栞 コレサワと語る「スピン」&“ホントに大事な曲なんで……”川崎リリイベ・レポ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。