ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

グラミー賞を目前に控えたカーク・フランクリンの来日ツアーがスタート! 「もう5年だよ。日本に戻ってこられて本当にうれしい」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
グラミー賞を目前に控えたカーク・フランクリンの来日ツアーがスタート! 「もう5年だよ。日本に戻ってこられて本当にうれしい」

 世界から熱狂的な支持を受けるコンテンポラリー・ゴスペル、の最重要人物の一人、カーク・フランクリンの5年ぶりとなる来日ツアーが1月31日、六本木・ビルボードライブ東京で幕を切った。

 今年度グラミー賞の「ベスト・ゴスペル・パフォーマンス賞」、「ベスト・ゴスペル・アルバム賞」の2部門にノミネートされ、さらに「ベスト・ラップ・パフォーマンス賞」、「ベスト・ラップ・ソング賞」にノミネートされているカニエ・ウエストの「Ultralight Beam」にも客演しているほか、昨年大躍進を遂げチャンス・ザ・ラッパーのアルバム『Coloring Book』にも参加し、各方面から大きな注目を集めているカークのパフォーマンスを一目見ようと、会場は年齢を問わず多くのファンで埋め尽くされた。

 大きな歓声に迎えられて小走りでオン・ステージしたカークは、序盤からエンジン全開でダンスやコール&レスポンスを交えながらステージを縦横無尽に動き回り、オーディエンスを至福のゴスペル・ワールドに惹き込んでいく。クワイアに所属しているオーディエンスも多く、コールに対するレスポンスの良さは過去の公演でも証明済みだが、5人のシンガー、強靭なバンドを先導しながらも、しっかりとオーディエンスを巻き込むカークのパフォーマンスはやはり圧巻の一言。セットリストは”歌える”楽曲が並び、ショーが進むにつれ、オーディエンスもカーク・ファミリーの一員としてショーに参加している高揚感が湧き出てくる。会場が一体となって大合唱が生まれた瞬間、”歌の力”そしてゴスペル音楽の真髄を全身に浴びる至福の体験となった。

 90分に及んだショーを通して、歌だけでなく、最前列のファンにサインをしたり、客席を練り歩いたり、オーディエンスをステージに上げ一緒に踊ったりと…様々なコミュニケーションを図り、来日公演を心から楽しんでいる姿も印象的だった。「(前回の来日から)もう5年だよ。日本に戻ってこられて本当にうれしい。」カークの放ったこの言葉には嘘偽りはない。

 来日ツアーは今後、2月2日までビルボードライブ東京、2月3日、4日にはビルボードライブ大阪で開催される。冬の寒さを吹き飛ばすパワフルな”歌”と”喜びに満ちた”ステージは見逃せない。

◎カーク・フランクリン公演情報
ビルボードライブ東京 2017年1月31日(火)~2月2日(木)
公演詳細:https://goo.gl/E9zzzc
ビルボードライブ大阪 2017年2月3日(金)~2月4日(土)
公演詳細:https://goo.gl/FZfxLX

Photo:Masanori Naruse

関連記事リンク(外部サイト)

カーク・フランクリン、2017年ジャパン・ツアーにて東京追加公演が決定
“ライブ体験の拡張”を目指すハッカソン、ビルボードライブ東京にて最終審査が開催
ハンバートハンバート×Predawn、ビルボードライブ東京での共演ライブが決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。