ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

打倒栃木!群馬イチゴがパティシエ、鎧塚俊彦氏とのコラボスイーツで逆襲!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

群馬と栃木。北関東の覇権争いでよく比較される両県です。しかし冬の味覚の代表格「イチゴ」でいえば、「とちおとめ」で有名な栃木が大きくリード。収穫量全国トップを守り続けているイチゴ王国です。

 

しかし、群馬も黙ってはいませんでした。1月31日に六本木で「ぐんまやよいひめ×Toshi Yoroizuka」記者発表会を実施。なんと、世界的に有名なパティシエ、鎧塚俊彦氏とコラボレーションしたのです。

 

※「やよいひめ」の特長と今回のパフェについて語る鎧塚氏

 

群馬が満を持して送り込んだのは、同県オリジナル品種「やよいひめ」。果肉がしっかりある大ぶりなイチゴで、高い糖度とまろやかな酸味が特長です。また、日持ちが良く、群馬県のイチゴ生産量の約8割を占めています。

 

さて、そんな「やよいひめ」を鎧塚氏はパフェとして提供。まず小さく刻んだ「やよいひめ」としっとりしたスポンジをカップに入れます。次にミルクチョコのムース。サクサクしたフィアンテーヌを敷き、練乳のアイスクリームを添えていきます。

 

さらにもう一度カットされた6つの「やよいひめ」を花びらのように添えていきます。再度ミルクチョコ、生クリームをデコレートし、ピスタチオをまぶしてバニラアイスを乗せます。最後に牛乳とオレンジリキュールを使ったふわふわの泡をトッピングして完成です。

 

 

鎧塚氏は「主役のやよいひめを際立たせたパフェ。イチゴの甘味、酸味を損なわないようにミルクチョコを使用している」と説明。また、上に乗った泡については「一つとして同じ形状にならない。いろんな表情になるパフェを楽しんでもらえれば」と話していました。

ぐんまちゃん、やよいひめ生産者も応援に

当日はやよいひめの生産者、「ストロベリーみなみ」の南明法さんも参加。「薬を使わない」「有機肥料中心の土つくり」「天敵を利用した減農薬栽培」など、生産のポイントを語りました。

 

農園を所持し、いつかはイチゴを栽培したいという鎧塚氏も興味津々で「やよいひめの栽培は簡単ですか」と質問すると南さんは「害虫にも強く、意外と簡単です」と答えていました。

 

また、ゆるキャラ界で絶大な知名度を誇る群馬県のマスコット、ぐんまちゃんも応援に駆けつけました。ぐんまちゃんは通訳をとおして「イチゴに関してはお隣が有名なので、少しでも首都圏の人にやよいひめを知ってもらいたい」とアピールしていました。

 

※左から鎧塚氏、ぐんまちゃん、南さん、南さん夫人

 

鎧塚氏の「やよいひめパフェ」は3月15日から31日までの期間限定で販売。Toshi Yoroizuka Mid Town(東京都港区赤坂9-7-2東京ミッドタウン・イースト1F)では1,350円(税込)で提供しています。また、Toshi Yoroizuka TOKYO(東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン1F)ではコースでの提供で、2,000円(税込)です。

 

ふわふわな口あたりからサクサク食感までが楽しめる「やよいひめパフェ」。シンプルで「やよいひめ」を美味しく頂くために考えられたパフェでした。

 

ちなみに、「やよいひめ」は「とねほっぺ(群馬県育成)」と「とちおとめ(栃木県育成)」を交配して選抜、育成されたイチゴです。

 旅行読売 2017-01-07 発売号
Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。