ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

絶妙の厚さの生地とたっぷりのスープが入った熱々小籠包

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1月31日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、異国の風を感じる横浜・横須賀を散策した中で、舞の海秀平さんが「上海豫園・小龍包館」(神奈川県横浜市中区)を訪れた。同店はみなとみらい線元町中華街駅から徒歩7分ほどにある小籠包の専門店だ。

最初に運ばれてきたのは「鮮肉小籠包」。お店の方から「上を少しかじって、上から中のスープをすすって飲んで欲しい」と言われ、その通りに食べた舞の海秀平さんは「おお~!美味しい!いいスープですね!」とコメント。お肉の中にスープを混ぜ込んでいるんだとか。

続いて、蟹みそが入った「上海蟹みそ小籠包」を頂くと、「おいしい。これ、美味しい。蟹みそ…このみそのうま味が…」と絶賛。そして、具材にエビとホタテを使用し、皮を小松菜で色づけした緑色が目を引く「ヒスイ小籠包」も頂くと、「うーん!生地の厚さが、口の中に入れて噛んだ時ちょうど良いですね!いや、こんなにおいしい小籠包初めてですね!」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:上海豫園 小籠包館 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:横浜中華街のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:横浜中華街×中華のお店一覧
濃厚な海老の旨味が楽しめる「海老ラーメン」
とろ~りチーズのラクレット

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。