ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

日本最古の中国料理店の開運メニュー「牛ひき肉の蒸しダンゴ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1月31日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、異国の風を感じる横浜・横須賀を散策した中で、舞の海秀平さんが「聘珍樓・横濱本店」(神奈川県横浜市中区)を訪れた。JR京浜東北線石川町駅から徒歩7分ほどにある同店は130年以上の歴史を誇る、日本に現存する中で最も古い中国料理店だ。

番組では、春節に合わせて用意された開運メニューの開運点心が紹介された。最初に食した「牛ひき肉の蒸しダンゴ」は牛肉を時間をかけて練りあげており、弾力のある食感が楽しめる。舞の海秀平さんは「日本のつくねとかつみれにはない弾力性ですね」とコメントしていた。続いて、鶏肉を縁起の良い鳳凰に見立てた「鶏肉と山芋の湯葉巻き」を頂くと、「色々入ってますね!うん!美味しいですね!」と絶賛。お店の方に、ちょっと珍しい中華の食材「魚の浮き袋」が入っていると聞き、「これ?」と確認して口に運ぶと、「うーん!美味しい!ぷりぷりふわふわ!」と何度も頷く様子を見せた。

お店では、2月28日までの期間限定で、「2017年開運メニュー・家庭運コース」(要予約・3日前)や「2017年開運メニュー・健康運コース」(要予約・3日前)、「2017年開運メニュー・財運コース」(要予約・3日前)なども提供している。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:聘珍樓 横濱本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:横浜中華街のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:横浜中華街×中華のお店一覧
濃厚な海老の旨味が楽しめる「海老ラーメン」
とろ~りチーズのラクレット

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。