ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

dTV VRで日本初公開「ウォーキング・デッドVR」やピコ太郎の新作VR映像が公開、合計60万個のVRヘッドセットをドコモショップで無料配布開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTT ドコモ、エイベックスは 2 月 1 日、VR アプリ「dTV 」のコンテンツ拡充を目的に、世界で大ヒットの海外ドラマ「ウォーキング・デッド」の VR 作品と “PPAP” でお馴染み「ピコ太郎」の VR 作品を同アプリで公開したほか、全国のドコモショップで dTV オリジナルデザインの VR ヘッドセット(ハコスコ)を合計 60 万個無料でプレゼントする大規模キャンペーンの実施も発表しました。dTV VR のコンテンツはこれまで、エイベックス所属アーティストによるオリジナルムービーや音楽ライブの VR 映像が中心でしたが、今後も VR への取組を強化するべく他ジャンルのコンテンツ拡充を開始しました。その第一弾は世界的にヒットし、今や国内でもトレンドにもなっている「ウォーキング・デッド」の VR 作品「FOX ウォーキング・デッド VR ver.」です。VR 作品は dTV VR アプリ上で 2 本公開されており dTV VR アプリを起動して「バラエイティ」を開くとダウンロードできます。2 本の VR 作品はさほど長くありませんが、映像はけっこう綺麗で、“ウォーカー” と呼ばれるゾンビの大群に取り囲まれるような感覚を VR 映像の中で体験することができるなど、まさに同作品を擬似体験できる内容です。また、ピコ太郎の VR 作品はミュージックビデオとなっています。アプリでは、昨年末にリリースされた「ペンパイナッポーアッポーペン(Long ver.)」や最近の「カナブンブーンデモエビインビン」、そして、最新曲「I Like OJ」のミュージックビデオが 2 月 7 日より順次公開されます。NTT ドコモ / エイベックスはまだ VR に触れたことのない方に VR の視聴機会を提供するために、ドコモショップで合計 60 万個の簡易型 VR ヘッドセットをプレゼントするほか、2 月 4 日からは愛知県・名古屋市の「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」に VR 体験ラウンジをオープンします。ラウンジのオープン期間は 2 月 19 日までで、このラウンジの魅力は「ウォーキング・デッド」とコラボし、同作品の世界観をリアルに体験できるよう、舞台をモチーフにしたフォトブースが設置される点で、同作品のファンにとっては非常に魅力的な場所になると思います。ちょうど私も 2 月 4 日には名古屋に行くのでこのラウンジを訪れようと計画しています。Source : dTV

■関連記事
楽天、Android Payの登録と利用で最大1,700円分をプレゼントするトリプルキャンペーンを開始
Android版「Snapseed」がv2.15にアップデート、カーブツールが追加
Android版「東京メトロ」アプリに画像認識を活用したAR駅構内ナビゲーション機能などが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。