ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【動画】テイラー・スウィフト とゼイン・マリク、官能映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編のミュージックビデオに出演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
50-shades-video

テイラー・スウィフトとゼイン・マリクが、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編となる映画『Fifty Shades Darker(原題)』の挿入楽曲『I Don’t Wanna Live Forever(原題)』のミュージックビデオに出演している。

ビデオでは、スウィフトとマリクがパパラッチを避け、怒りをぶつけホテルの部屋で物を投げつける。2人は、曲の終わりの激しいストロボライトの中で、一瞬だけ官能的に共演している。

スウィフトとマリクは、このミュージックビデオの映像をソーシャルメディア上で数日間に渡って公開した。2016年12月に公開された同楽曲は、前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の挿入歌で大ヒットしたエリー・ゴールディングの楽曲『ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ(Love Me Like You Do)』や、第88回アカデミー賞にノミネートされたザ・ウィークエンドの楽曲『アーンド・イット(Earned It)』の系統を引き継ぐようだ。また、『I Don’t Wanna Live Forever(原題)』は、2016年に発売されたスウィフトの唯一の作品だ。

スウィフトは、ジャック・アントノフとサム・デューと共に同楽曲を作曲した。アントノフは、アルバム『1989』でコラボレーションしたことで有名で、同楽曲のプロデュースも手掛けた。

『Fifty Shades Darker(原題)』は、ダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンが主演する。その他に、ヒュー・ダンシー、エリック・ジョンソン、ジェニファー・イーリー、ルーク・グライムス、リタ・オラ、ヴィクター・ラサック、エロイーズ・マンフォード、マックス・マーティーニ、ベラ・ヒースコート、キム・ベイシンガー、マーシャ・ゲイ・ハーデンも出演する。

『Fifty Shades Darker(原題)』とサウンドトラックは、2017年2月10日に公開となる。

ミュージックビデオはこちら。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。