体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OZONEの13店舗が厳選したオススメ椅子を一堂に!「椅子、いす、イス」開催

ozone_isu_01

連動企画・松沢栄一「椅子のある風景」展も開催

2017年1月26日(木)から3月14日(火)まで、東京・新宿の「リビングデザインセンターOZONE」にて、「椅子、いす、イス」展が開催されています。

人の暮らしにもっとも寄り添う家具である椅子。素材やデザイン、サイズによって、さまざまな種類がある中から「ザ・コンランショップ 新宿本店」や「ノルディックフォルム」など、「リビングデザインセンターOZONE」内にあるショールーム・ショップ13店舗から厳選したオススメの椅子が一堂に会します。

展示は「椅子 ベストバイ」「未来の定番 いす」「椅子好きが選ぶ 自分のためのイス」の3テーマで構成され、これまでに一番売れた定番椅子や、次世代の定番を目指す椅子をショールーム・ショップごとに紹介・推薦。日頃から多くの椅子に触れているスタッフが「自分が買うなら」とプロの目線で選んだ椅子も並びます。

連動企画として金属造形作家の松沢栄一さんによる作品展「椅子のある風景」も開催。名作椅子と人のいる様子を表現した展示作品約10点は、椅子から生まれる豊かな暮らしをイメージさせてくれます。

椅子を通じて浮かび上がる日常を想像しながら、暮らしを支えてくれる一脚を探してみてください。

ozone_isu_02 MOCTAVE(モクターブ)の「Ostinato Arm Chair」。 ozone_isu_03 Christophe Pillet(クリストフ・ピエ)デザインの「Square lounge」。 ozone_isu_04 連動企画・松沢栄一「椅子のある風景」では、写真の作品「リデザイン」など、そこに椅子があるだけで人の気配や温もりを感じられるような心温まる作品が並びます。

椅子、いす、イス

会期:2017年1月26日(木)~3月14日(火) 10:30~19:00

※水曜日(祝日を除く)および2月19日(日)休館

会場:リビングデザインセンターOZONE(3F OZONEウェルカムプラザ)/東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー

入場料:無料

参加ショールーム・ショップ:

ザ・コンランショップ 新宿本店 / ファニチャー木ごころ / Japan creation space monova / 椅子とテーブルのギャラリー

ダニエル東京 / NATTUZI meets LIVINGHOUSE. / モービレモービリ / ノルディックフォルム / にっぽんフォルム

関家具 ATELIER MOKUBA 新宿ギャラリー / Kitani 東京ショールーム / skantherm & conmoto / レザルク

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

京都の職人による贈り物100選!「京都、100の贈りもの」展、開催
無印良品・Found MUJIによるドイツ企画展「Germany From 1919」開催
IDÉE CRAFTSの2017年第1弾はWONDER FULL LIFEの企画展「HADITHI YA UDONGO 土の物語」

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。