体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バナー広告の改善に!CTRを上げるクリエイティブ事例20選

本稿は、Canva Design Schoolのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

なお本記事は、デザイナーであるMaria Jose氏によって投稿されました。

 

この記事は、効果的なバナー広告をデザインしてクリック率を上げる方法について書いています。

インターネット広告の1つとして登場したバナーは、現在、テキスト広告と同じくらい嫌われてブロックされている存在です。しかしバナーは、オンライン広告の今後の展望において、重要な役割を担っています。

効果的なバナーをデザインするには、視覚的なインパクトを持たせることが鍵となります。大切なのは、いかに視線を早く集められるかです。

この記事では、バナー作成に役立つ20のデザイン例をご紹介します。

 

01. ロゴにスポットライトを当てる

ロゴやマークを美しくデザインして、バナー広告の中央の前面に配置しましょう。この例では、Omiseというロゴを効果的に目立たせています。

fb_banner-768x576-620x465 screen-shot-2016-10-18-at-10-03-05-am-768x640-620x516

 

02. フラットデザイン

grovo-ads-768x576-620x465

フラットなイラストレーションには、どのようなバナーも活気づかせる効果があります。

上のAlex Collins氏による例では、テクスチャ素材も使われていますが、もしテクスチャ素材があなたの好みでなければ、完全なフラットデザインにするのもいいでしょう。

バナー広告の改善に!CTRを上げるクリエイティブ事例20選

なお、Canvaのライブラリには、豊富なイラストレーションのオプションが備わっています。

テンプレートにオプションを追加したり、1つの機能でデザインしたフラットデザインをカスタマイズすることも可能です。

 

03. ブラー(ぼかし)を使う

ブラー(ぼかし)の効果は、インターフェースのデザインに使われることが多いですが、バナーにも活用できます。

バナー広告の改善に!CTRを上げるクリエイティブ事例20選 untitled-design-64-768x95-620x76

上の例のように、ブラーには、見出しやロゴを引き立てる効果があります。また、奥行き感を与える効果もあります。

1 2 3 4 5 6次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。