体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女の子の方が育てやすい?どっちが育てるの大変だった?不安にかられて聞いた答えにじんわり byやまもとりえ

女の子の方が育てやすい?どっちが育てるの大変だった?不安にかられて聞いた答えにじんわり byやまもとりえ

前回のエピソード:もし離婚したら…?子どもの名づけ、ついつい気になる旧性との相性 byやまもとりえ

f:id:akasuguedi:20161229201012j:plain f:id:akasuguedi:20161229201025j:plain f:id:akasuguedi:20161229201037j:plain f:id:akasuguedi:20161229201049j:plain

関連記事:女児への妄想炸裂パパ vs 胎児(ダンスィ)との板挟み!? やさぐれ妊婦のプレママ期 byまきりえこ

f:id:akasuguedi:20160723224054j:plain

著者:やまもとりえ

年齢:33歳

子どもの年齢:2歳

イラストレーター。なで肩の夫、天パの息子、動かない猫と暮らしています。

育児日記ブログ:http://ameblo.jp/rinpotage

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

【新刊情報】生きづらさを感じているすべての女性に贈る、切なく痛快な共感型4コマ漫画「Aさんの場合。」(祥伝社)より12月2日に発売!

関連記事リンク(外部サイト)

流産のショックに追い打ちをかけた「胞状奇胎」の告知。私はもう一度妊娠できる…?
口唇口蓋裂の我が子。産まれてすぐに出てきたのは、ただただ愛おしいという感情でした
「子宮筋腫合併妊娠」で早産になった助産師の私。自分の出産を素直に喜べないのはどうして?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。