体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンフランシスコ女子のSNS休業宣言。「用事があったら電話して! 声聞いてちゃんと話そうよ」

IT関係の仕事をしている友人がとても多いサンフランシスコ。

そんななか、最近続々とくるのが、SNS休業宣言。

「Facebookを1か月だけ休むよ」というものから「すべてのSNSを無期限で休むよ」または「Facebookアカウントを消すことにしたよ」などなど。

そんな皆が共通して書いてくるのが、「用事があったら電話して! 声聞いてちゃんと話そうよ」ということでした。

たしかにSNSが普及してからは、電話で話すことは少なくなりました。アメリカでも「SNSストレス」なんて言葉が流行るほど、皆「いいね!」することに疲れているのです。

「見るだけ」専用アカウントが増えている

Lauren Howeさん(@thelittlewellnessco)が投稿した写真 – 2017 1月 21 1:13午前 PST

IT関係の仕事をしている友人に多いのが、「見るだけ」専用アカウントを作っている人。

仕事上、やはりSNSなしでは情報が入ってこなくて不便。そこで、アカウントは残し、情報チェックのみの「見るだけ」に徹底しているユーザーが非常に多いのです。

友人であるブライアンは、バリバリのITエンジニア。一日中コンピュータと向き合って、さらに家族や友人とのコミュニーケーションもすべてがiPhoneで済んでしまうことに疲れてしまったそうです。

そこで、SNSをやめて「見るだけ」に徹してみたとのこと。でも、彼はそのうち「見るだけ」にも疲れてしまい、ついに先月アカウントを閉鎖してしまいました。

「Goodbye Facebook, see you guys in the real world!」

という文章が最後の投稿。

「リアルワールドでまた会おう」というのがなんだか心にグッときて、私もちょっとだけ真似してSNSをお休みしてみました。

やっぱり顔を見て話すのは楽しい

Elliot Zelさん(@officialelliotzel)が投稿した写真 – 2017 1月 27 8:49午後 PST

私がお休みしたのはFacebook。最近ものすごい量の友達申請や通知がくるので、少し離れてみたかったのです。

iPhoneやiPadからFacebookアプリを削除して、月に1、2回だけラップトップからだけ見ることにしました。

Facebookアプリを消してから、いちばん最初に電話して、その後すぐにランチしたのはブライアン。これまではお互いFacebookで近況を確認し合っていたものの、実際に会うのはなんと3年ぶりだったのです。

iPhoneをじーっと見る時間が減ると、仕事の効率が向上。また、家族とも友人とも電話で話したり、会う機会も増えました。

やっぱり声を聞いて、顔を見て話すのって楽しかった!

写真/gettyimages

こちらも読まれています

「席譲りたいけど、あの人妊婦かな?」はアプリで見分ける

エマ・ワトソンも使ってる瞑想アプリ。スマホで3分さくっとリフレッシュする

スマホの中身はいまの自分。NY在住パフォーマーの場合

■ あわせて読みたい

裏太ももほっそり。「おはようございます!」とお辞儀するようにエクササイズ
「席譲りたいけど、あの人妊婦かな?」はアプリで見分ける
猫っぽい? 犬系? あなたが好きな人の前で見せる顔 #深層心理
その服、本当に欲しいの? セールの時には買わない選択をしてみる
常識破りのレイヤードで春を迎えにいく
トイレで1分。「あべこべ体操」で目と首の凝りが飛んでった
エマ・ワトソンも使ってる瞑想アプリ。スマホで3分さくっとリフレッシュする

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。