体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CES 2012:Sony EricssonがXperia新機種『Xperia ion』を発表

米国時間9日に米国ラスベガスで開催されたAT&Tのイベント『AT&T Developer Summit』のプレスカンファレンスで、Sony Ericssonの『Xperia』スマートフォン新機種『Xperia ion(LT28at)』が発表されました。『Xperia ion』はソニーブランドで発売される最初の『Xperia』スマートフォンで、米AT&T限定で発売されます。発売時期は2012年春。その他の地域における発売時期は明らかにされていません。

OSはAndroid 2.3(Gingerbread)、ディスプレーサイズは4.6インチ、画面の解像度は1280×720ピクセル(HD)、もちろん高画質エンジン『モバイルBRAVIAエンジン』を搭載。プロセッサーは『Qualcom Snapdragon S3』1.5GHz(デュアルコア)でLTE通信用に『MDM9200』チップが搭載されています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、背面に裏面照射型CMOS『Exmor R for Mobile』を使用した1200万画素カメラ、前面に720pでの動画撮影も可能なカメラ、HDMI出力端子を搭載。通信機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 2.1+EDR、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+(850/1900/2100Mhz)、LTE(700/1700(AWS))、ANT+、近距離無線通信規格のNFC、DLNAに対応します。GPSのほかロシアの人工衛星を利用した測位システムである『GLONASS』にも対応します。『PlayStation Certified』端末なので『PlayStation Store』の初代PSゲームを利用できることのほか、Sony Entertainment Networkの動画サービス(Video Unlimited)や音楽サービス(Music Unlimited)を利用することもできます。カラーはブラック1色。
Source : Sony Ericsson


(juggly.cn)記事関連リンク
Huaweiがハイスペックな薄型Androidスマートフォン「Ascend P1/P1 S」をCES 2012で発表するらしい
富士通、今年の夏モデルでクアッドコアCPUを搭載したスマートフォンを投入予定
Sony Ericsson SO-02DのUserAgent

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。