体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ただの積み木じゃございません。浮く!オブジェになる!「転がる積み木」 〜ポンパレモール掘り出しモノ商店 Select.1〜

f:id:ponparemall:20170119144858j:plain

ポンパレモールで売っている隠れた人気商品や、これどうやって使うの? 誰が買うの? なんて品を探してその魅力をお届けする「掘り出しモノ商店」開店! ポンパレモールで出会った掘り出しモノが、あなたの生活を潤す意外な愛用品になるかも!?

今回の掘り出しモノは、ポンパレモール「木のおもちゃ製作所・銀河工房」で売られている、「転がる積み木」。長野県の山奥にある工房へその魅力を探ってきた結果、掘り出しPOINTはこちらの5点。積み木と侮るなかれ、これは大人が本気で夢中になる!

【掘り出しPOINTまとめ】 積み木なのに浮く! 子供よりも大人が熱中する。 オブジェにもなる。しかも毎回違うオブジェが作れる。 全て手作り、日本製。木肌にエネルギーを感じる。 完璧主義のおもちゃ作家、小林さんが熱い。

積み木なのに浮く! 不思議な造形に大人が熱中

こちら、ただの積み木ではございません。「これまで、積み木=四角と固定観念とを持っている人、頭がガチガチにかたまった人には、この転がる積み木は使いこなせないでしょう」とは、製作者でおもちゃ作家、小林茂さんの弁。みんながよく知っている積み木とは全く別物。積み木なのに丸い。6つの球体。持った感触はズシンっ、と重たい。

じゃん! 数珠つなぎに空中へ浮かせる。この時点でもはや、ただの積み木ではない。

f:id:ponparemall:20170119144926j:plain

次は縦に3連つなぎ。

f:id:ponparemall:20170119145047j:plain

よっ! もうひとつどうだ! おお〜できると感動します。

f:id:ponparemall:20170119145150j:plain

床に玉をひとつ置き、もうひとつの玉をくっつけて操ってみると、ぐんっ、ぐんっと玉が踊る。 その様はまるで、生き物のよう(写真ではすごさが表現できないので割愛)。種明かしすると、この積み木にはネオジウムという磁石が1つの球体に14個も入っています。「ネオジムの専門家がたまたま遊びにきて、1万個分けてくれたんです。それで、なにかできないかなーと考えて作ったの。誰にも真似できないやつをね」(小林さん・以下同)。

さて、積み木ということで、ここでキッズにこの積み木で遊んでもらいます。ゲストは、長野県上田市の人気ベーグル屋「ハル」の春野蒼太くん3歳。さぁさぁ、思う存分、遊んでごらん!

f:id:ponparemall:20170119145341j:plain
1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。