ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ただの積み木じゃございません。浮く!オブジェになる!「転がる積み木」 〜ポンパレモール掘り出しモノ商店 Select.1〜

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20170119144858j:plain

ポンパレモールで売っている隠れた人気商品や、これどうやって使うの? 誰が買うの? なんて品を探してその魅力をお届けする「掘り出しモノ商店」開店! ポンパレモールで出会った掘り出しモノが、あなたの生活を潤す意外な愛用品になるかも!?

今回の掘り出しモノは、ポンパレモール「木のおもちゃ製作所・銀河工房」で売られている、「転がる積み木」。長野県の山奥にある工房へその魅力を探ってきた結果、掘り出しPOINTはこちらの5点。積み木と侮るなかれ、これは大人が本気で夢中になる!

【掘り出しPOINTまとめ】 積み木なのに浮く! 子供よりも大人が熱中する。 オブジェにもなる。しかも毎回違うオブジェが作れる。 全て手作り、日本製。木肌にエネルギーを感じる。 完璧主義のおもちゃ作家、小林さんが熱い。

積み木なのに浮く! 不思議な造形に大人が熱中

こちら、ただの積み木ではございません。「これまで、積み木=四角と固定観念とを持っている人、頭がガチガチにかたまった人には、この転がる積み木は使いこなせないでしょう」とは、製作者でおもちゃ作家、小林茂さんの弁。みんながよく知っている積み木とは全く別物。積み木なのに丸い。6つの球体。持った感触はズシンっ、と重たい。

じゃん! 数珠つなぎに空中へ浮かせる。この時点でもはや、ただの積み木ではない。

f:id:ponparemall:20170119144926j:plain

次は縦に3連つなぎ。

f:id:ponparemall:20170119145047j:plain

よっ! もうひとつどうだ! おお〜できると感動します。

f:id:ponparemall:20170119145150j:plain

床に玉をひとつ置き、もうひとつの玉をくっつけて操ってみると、ぐんっ、ぐんっと玉が踊る。 その様はまるで、生き物のよう(写真ではすごさが表現できないので割愛)。種明かしすると、この積み木にはネオジウムという磁石が1つの球体に14個も入っています。「ネオジムの専門家がたまたま遊びにきて、1万個分けてくれたんです。それで、なにかできないかなーと考えて作ったの。誰にも真似できないやつをね」(小林さん・以下同)。

さて、積み木ということで、ここでキッズにこの積み木で遊んでもらいます。ゲストは、長野県上田市の人気ベーグル屋「ハル」の春野蒼太くん3歳。さぁさぁ、思う存分、遊んでごらん!

f:id:ponparemall:20170119145341j:plain

「はい、できたよ六文銭〜」。えっ? そうちゃん、しぶいです。そして5分もたたないうちに横にあった、木の車に興味は移る…。あれ、子供には不評?

積み木を超えた「MYオブジェ」ができる!

「これは子供よりも大人が熱中する積み木なんだよね」と、ニヤリとした小林さんがササッと組み立てたこちらはピラミッド。

f:id:ponparemall:20170119145425j:plain

玄関に置いたら、いい感じのオブジェになりそうな予感。オブジェ…そう、これは積み木というか、いろいろな形を作って、インテリアとして飾るととてもいい!

同じくネオジム磁石が入った「カップ積み木」と組み合わせてみるとさらにすごいものができると聞き挑戦。

f:id:ponparemall:20170119145531j:plain

さぁさぁ、インスピレーションよ、降りてこい! (3歳児に背を向けられたまま必死に作成)

f:id:ponparemall:20170119145606j:plain

おや? そうちゃんも助けてくれるの!? ありがとう!

f:id:ponparemall:20170201114304j:plain

…完成しました! なんだかアートっぽいでしょ!

f:id:ponparemall:20170119145642j:plain

こんなのを自宅のリビングに飾ってはどうでしょう!? 飽きたらまた、わき上がるあなたのインスピレーションを呼び起こして、違うオブジェを作れば永遠に楽しめますよ。

全て手作り日本製。エネルギーを感じる木。

「はい、転がる積み木、できたてだよ」と言って、奥の工房からできたてほやほや、まだ木くずが少しついている状態で持ってきてくれた小林さん。できたてのたこ焼き、できたてのラーメン…ではなく、できたての積み木! 固くて丈夫なブナの木を使っているこちらはもちろん、すべて手作りで日本製。この工房から日本全国へ、世界へと発送されていきます。

f:id:ponparemall:20170119152230j:plain

できたてほやほやの「転がる積み木」

「森を歩いて森林浴をすると、不思議と癒されたという経験は誰にでもあると思います。木には癒しのエネルギーがあり、人間と潜在意識を通じて繋がっている。だから木のおもちゃは、エネルギーや作り手の想いが残る」という小林さんの木に対する理論を聞いて積み木に触ると、あれっ! なんだか木がホカホカと、エネルギーを感じるような気がしなくもないような…!? 難しい話はよくわからないけれど、とにかくこの積み木の木肌、すごく気持ちがいいんです!

山奥の工房で創り続ける小林さんは、完璧主義のおもちゃ作家。

今回訪れた工房は、長野県上田市中心部から車で30分ほどの野倉という地。その山奥に佇む古民家が「銀河工房」。ここは約150年前の民家だそうで、工芸デザイナーとして上田市で働いていた当時20代の小林さんが、散策していたらたまたま空き家をみつけ、好きだったチベットに似ていたこともあり、ここだ!とインスパイアされたそう。

f:id:ponparemall:20170119150213j:plain

その小林さん、若かりし頃に世界16ヵ国を放浪し、自分が作った木のおもちゃを飛び込みで売り込み、ニューヨークのアートギャラリーに展示されたこともあるのだとか。そして現在は、海外、とくにフランスからの注文も多いそう。「最も素晴らしいデザインとは、インスパイア(深いひらめき)によって生み出される。素朴なデザインでも深く納得するまで、何かが降りてくるまで徹底的に完成度を求めます」。工房には、そんなインスパイアが込められた木のおもちゃでいっぱい。大人も時間を忘れて夢中になれるので、本当になにもない山奥ですが…行ってみる価値大!

f:id:ponparemall:20170119150236j:plain

小林さんの情熱が詰まった「転がる積み木」、あなたのインスパイアも注入して「お気に入りの積み木」にしてみてはいかが?

「転がる積み木」6個セット1万800円

在庫をチェックする⇒

「カップ積み木」

在庫をチェックする⇒

木のおもちゃ製作所「銀河工房」

取材・文/伊藤律子(京田クリエーション)

関連記事リンク(外部サイト)

ブレイク必至!入手困難になるかも!? 2017年大注目の日本酒5選
ワンランク上の男を目指せ!オーダースーツをネットで注文してみよう!【前編】紳士服専門店に聞いたスーツのいろは
チョーク、ペンシル、ロンドン… 保存版:覚えておきたい柄もの講座【ストライプ編】

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。