体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置

メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置

メルボルン・カブリーニ病院にある小児病棟のろうかにできたのは、光る壁。通行人の動きにアニメーションが反応するため、動く映像を追いかけたり、触ろうとしたり、子どもたちに楽しまれているそうです。

場の雰囲気が明るくなりますね。大人にも大好評なのだとか。よく見ると、木製の壁が光を放っています。メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置メルボルンの小児病棟に、心を照らす「光の壁」が設置

LUMES Light-emitting wood at Cabrini Hospital Malvern from ENESS on Vimeo.

enessが開発した「LUMES」という設備は、木材に照明を埋め込んだものです。光っていないときはふつうの壁なので、ときおり驚く人も。壁のなかで、草花や動物がゆらゆら動き、ロケットや飛行機がビューン!と飛び去っていきます。

カブリーニ病院のディレクターであり看護士のアンドレアさんは、子どもたちが直感的でインタラクティブな体験をできるよう、スペースを活用したいと思い、この壁を導入しました。公園の遊具のようで、通りかかるたびに気分が和みそうですね。Licensed material used with permission by eness

関連記事リンク(外部サイト)

メルボルンの街が「ネイキッド・バイク・ライド」で大賑わい!
人間の皮膚のように、「1秒で自然治癒する壁」をNASAが開発!(動画あり)
世界で最も住みやすい国は、オーストラリア?それともカナダ?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。