体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1984年、アメリカのプロムで大人気だった曲は?

1984年、アメリカのプロムで大人気だった曲は?
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。1月30日(月)のオンエアでは、先日5年ぶりの来日公演を行った、カナダ生まれのアメリカンロック、ブライアン・アダムスを取り上げました。

番組では、ブライアン・アダムスの1984年発売のアルバム「Reckless」から、全米No1大ヒット曲「Heaven」をお届けしましたが、1984年は、ポリス、マイケル・ジャクソン、マドンナ、デュラン・デュラン、カルチャークラブなど、アメリカとイギリス両方から、スーパースターが続々ブレイクした時代でした。ミュージックビデオを24時間流し続けるMTVも大人気。そんな年に全米No1となったのが、ボスことブルース・スプリングスティーンの「Born in the USA」です。

これはまさにモンスターアルバムだったのですが、そのボスに肉薄する勢いだったのが、ブライアン・アダムスでした。彼のアルバム「Reckless」は1位にはわずかながら及びませんでしたが、全米2位を記録。シングル曲「Heaven」は全米No1の大ヒットとなりました。

アメリカの高校では、卒業式のシーズンに、“プロム”と呼ばれる学校公認の卒業パーティが行われます。これは高校2年生たちが、卒業する3年生のために行う感謝とお祝いのダンスパーティ。そのプロムでは、毎年その年のテーマソングが選ばれて、パーティのハイライトになるのですが、1984年のプロムでは全米各地の高校でこの「Heaven」がテーマソングに選ばれたとか。アメリカで1984年頃に高校生だった人にとって、ブライアン・アダムスのこの曲はまさに青春の1曲だったと言えるのかもしれません。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時15分−15時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。