体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

16年目のきらめく海へ!フィナーレ版「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」が泣ける!

16年目のきらめく海へ!フィナーレ版「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」が泣ける!

東京ディズニーシーでは開園15周年を盛大にお祝いするイベント、「東京ディズニーシー15周年”ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”~グランドフィナーレ~」を開催中だが、昨年春にスタートしたハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」も、新たな旅の出発をお祝いするグランドフィナーレ版に様変わり! 新たな魅力でゲストを魅了中だ。
 
そのフィナーレ版のタイトルはズバリ! 「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー~シャイン・オン!~」。閉幕にふさわしく、16年目のきらめく海に向けてキラキラ輝くショーだ。
 

前半のショー構成は基本的には、従前のソレ。ただ、ディズニーの仲間たちは、それぞれのウィッシュ・クリスタルの色がいちだんと輝くような、新しいコスチュームで登場する!
 

ミニーマウスは”愛”を表現した赤いクリスタル、ドナルドダックは”友情”を表現した青いクリスタル、グーフィーは”元気と健康”を表現した緑のクリスタルなど個性を強調。
 

新しいコスチュームを身にまとったディズニーの仲間たちは、それぞれの願いを歌やダンスで披露していく。大勢の出演者による息ピッタリのダンスは、とても巨大な感動を呼ぶ!

ショーの最後は15周年のグランドフィナーレをお祝いするシャボン玉が舞い上がり、パイロも次々に! 15年間の想いや新たな希望を胸に、輝く未来へ向かう華やかな旅立ちだ!
 

ちなみに15周年のグランドフィナーレ期間中の現在は、同ショーの夜間公演バージョンも実施中。夜空に舞うシャボン玉が幻想的に輝くので、15周年イベントの開催中に見届けて!
 

 
モデル/中塚智実
 
※写真はイメージです。実際のサービス、プログラムなどを保証するものではありません。
※紹介のグッズやメニューは品切れや価格変更となる場合があります。予め了承ください。

(C) Disney

関連記事リンク(外部サイト)

16年目のきらめく海へ!フィナーレ版「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」が泣ける!

『ハリー・ポッター』のハリーとスネイプ先生が新種のカニの名前に

アナ&エルサ姉妹、そしてオラフと至近距離グリ! ただし、小学生以下のお子様だけよ!

マイケル・ムーア監督など、米国の有名人たちがトランプ大統領の入国禁止令を批判!

実写映画版『咲-Saki-』に出演したスパガ浅川梨奈にインタビュー! 「麻雀はルールも本当に知らなかったのですが、今はハマッています(笑)」

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。