体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストレッチダイエットで膝上のお肉スッキリ!部分痩せに効果的な身体の引き締め方法

ストレッチダイエットで膝上のお肉スッキリ!部分痩せに効果的な身体の引き締め方法

太ももスッキリ!部分痩せには、ストレッチダイエットが効果的!

ストレッチダイエットで膝上のお肉スッキリ!部分痩せに効果的な身体の引き締め方法

“ストレッチダイエット”とは、ストレッチでカラダのラインを整えながら引き締めていくものです。
ライン(姿勢)を整えながら行うことで、食事制限だけではできない“部分痩せ”ができます。
今までの実例ですと、50日間で太ももが10cm細くなった方も!
これ、普通のダイエットでは無理な数字です。ストレッチダイエット(カラダのラインを整えながらのダイエット)だからこそできるのです。
膝上のお肉もスッキリ!!
今回は、この方のように膝上をスッキリさせる方法をお教えします。

 

太もも痩せには姿勢改善が重要!太ももと姿勢の関係とは?

ストレッチダイエットで膝上のお肉スッキリ!部分痩せに効果的な身体の引き締め方法

太ももの前側が太くなってしまうのは、普段の姿勢に原因があります。腰椎の湾曲がない姿勢を続けていると、その姿勢を補うように前ももの筋肉を過度に使ってしまいます。
しかし、腰椎を程よく前湾させ(前に反らし)、骨盤の前傾角度を30°にすると股関節が正常に可動して、太ももの前側の筋肉を過度に使用しなくなります。
上の画像のようにスクワットの体勢で実感できますので試してみてください。
画像左:腰椎を前湾した姿勢
画像右:腰椎の前湾が無い姿勢
画像右の姿勢の方が、太ももの全面が疲労しやすいのが実感できましたでしょうか?
日常生活で、この腰椎の前湾が浅く骨盤の前傾角度が浅い状態を続けていると、股関節の可動が悪くなり、太ももの前側の筋肉が増加してしまいます。
それによって脚が太くたくましくなってしまうのです。

 

膝上のお肉スッキリ!ストレッチダイエットのやり方

ストレッチダイエットで膝上のお肉スッキリ!部分痩せに効果的な身体の引き締め方法

そこで効果的なストレッチ方法が、スリーエスで指導している「ランバーアーチ」という方法!
“ランバー”とは腰椎のことで、腰椎をきれいにアーチさせるストレッチです。
「ランバーアーチ」のやり方はこちら↓↓↓
①かかとを付けてまっすぐ立ち、両手を鼠蹊部([そけいぶ]左右の足の付け根の部分)に両手を当てます。
②お腹を縦にまっすぐ伸ばして、胸を張ります。
③そのままお辞儀をするように、背骨を35°前に倒します。
④股関節の全面をギュッと締めるイメージで、膝を曲げます。
⑤この体勢を5秒間キープします。終われば、背骨を倒したまま、膝をゆっくりと伸ばして戻ります。
⑥背骨をグッと起こして、元の直立した状態に戻ります。
⑦丹田([たんでん]おヘソから指4本分下の位置)に両手を重ねて当て、骨盤を動かさないようにして、お腹を後方に引き込みます。
⑧両手を横に戻して、きれいな直立姿勢になり終了です。
このランバーアーチを運動前や、お仕事中の休憩時などに行っていくと部分痩せも可能です。ぜひお試しを!

 

ストレッチトレーナー/SSS(スリーエス)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。