体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【世界一美しい首都】ストックホルムの360度本が並べてある市立図書館/現地特派員レポート

世界一美しい首都の市立図書館

【世界一美しい首都】ストックホルムの360度本が並べてある市立図書館/現地特派員レポート
ストックホルムの中心地から少し北に行ったところにある、ストックホルム市立図書館は、北欧の代表的な建築家エリック・グンナール・アスプルンドの作品です。
外から見ると、キューブ型の建物に円柱が乗った形をしています。

【世界一美しい首都】ストックホルムの360度本が並べてある市立図書館/現地特派員レポート
北欧の国スウェーデンの首都、ストックホルムは「世界一美しい首都」と言われており、そのストックホルムにふさわしい美しい図書館です。

360度に並べられた本たち。

【世界一美しい首都】ストックホルムの360度本が並べてある市立図書館/現地特派員レポート
この図書館の特徴は何と言っても円柱の部分。外から見たとおり、館内は円形になっていて、360度本が並べてあります。天井も高く、自然光も入り込み優しい光が館内に降り注ぎます。

【世界一美しい首都】ストックホルムの360度本が並べてある市立図書館/現地特派員レポート
円形ホールの周りには、専門書の部屋があります。ストックホルムの大学生などが机で勉強しています。

図書館のいたるところにある作品も見所のひとつ

【世界一美しい首都】ストックホルムの360度本が並べてある市立図書館/現地特派員レポート
アスプルンドの作品は、建物だけではなく図書館のいたるところにあります。

図書館へは、ストックホルム中央駅(T-centralen)からグリーンラインで2駅、ロドマンスガータン(Rådmansgatan)で降りて徒歩数分です。図書館なので、もちろん入場は無料です。
カードを作れば本を借りることできます。館内の写真を撮ることは可能ですが、勉強している方の邪魔をしないよう静かにお願いします。

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。