体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネイザン・イースト、最新アルバムが日米で快挙! ビルボード・ジャズアルバムチャートで初登場1位を獲得

ネイザン・イーストの最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』が、アメリカのBillboard Top Current Jazz Albumsで初登場1位に輝いた。
アルバム『レヴェランス(Reverence)』 (okmusic UP's)
1月11日に日本国内盤が世界先行発売され、Billboard Japan Top Jazz Albums Salesで初登場1位を獲得し、すでに2週に渡ってトップの座に輝いている同アルバム。アメリカでは1月20日に発売され、日米で1位という快挙を成し遂げた。

世界中が保守的になって様々な問題が起こっている世界情勢のなかで、他を尊敬し思いやることが唯一、平和につながること。ネイザン・イーストは音楽を通して学んだ上で、それが音楽の役割だと思うと常々語っている。ソロ2作目となるアルバムのタイトル『Reverence(深い尊敬)』は、ミュージシャンであり1人の人間である彼の生き方そのものだ。

今回のアルバムには、先行配信され、米国ビルボードスムースジャズチャートで7週間に渡って第1位に輝いたリード曲「Lifecycle」を筆頭に、25年ぶりに発見されたエリック・クラプトン、フィル・コリンズの音源が録音された幻のアナログテープを元にアース・ウィンド&ファイアーのメンバーらがトラックを重ねた「Serpentine Fire(邦題:太陽の戦士)」のカヴァーなど、話題曲が満載。

ネイザン・イーストは今回のアルバムについて下記のように語っている。

「自分の人生を振り返ると、実にたくさんの先輩たちに知恵を授かり、人生の道しるべを示してもらったことに気付く。彼らが道を開いてくれたからこそ今日の音楽があり、彼らがいなかったら現在の僕はない。そんな思いを込めて2枚目のソロアルバムを『Reverence(深い尊敬)』と名付け、僕に影響を与えてくれたアーティストに共演をお願いした。それが自分なりの彼らへの敬意の表し方だと思ったからだ。」

まさにその言葉通り、EW&Fのフィリップ・ベイリー、ゴスペル界の大御所ヨランダ・アダムス、グラミー賞受賞サックス奏者のカーク・ウェイラム、グラミー賞受賞12回を誇るジャズ界の巨匠チック・コリア、『アメリカン・アイドル・シーズン2』の優勝歴をもつルーベン・スタッダードと、素晴らしいアーティストたちとの共演を実現。グラミー賞受賞作を含む2,000以上のアルバム作品にクレジットされ、世界で最もレコーディングを行なったセッションベーシストの1人に数えられるネイザン・イーストの人望の厚さを改めて感じるアルバムとなっており、今回の日米両チャートでの第1位獲得も納得だ。

また、ネイザン・イーストは2月23日(木)~2月24日(金)にかけて今作を携えたビルボードライブ東京来日公演が決まっている。前日の2月22日(水)にはヤマハ銀座スタジオにて『NATHAN EAST VIP ファンミーティング』と銘打ち、通常見ることの出来ないリハーサル風景の公開や、バンドメンバーとの交流、さらにはネイザン本人とトーク形式で交わることができるファンイベントの開催も予定。ぜひ合わせてチェックしてみてほしい。

■アルバム特設サイト

http://www.yamahamusic.co.jp/nathaneast/reverence/

アルバム『レヴェランス(Reverence)』
発売中

YCCW-10295/¥2,500+税

※12Pブックレット、約3,500文字のライナー・ノーツ、歌詞対訳付き

<収録曲>

全14曲収録(日本盤ボーナス・トラック2曲含む)

01. ラヴズ・ホリデイ(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー)

Love’s Holiday (Feat. Philip Bailey)

02. ライフサイクル

Lifecycle

03. イレヴンエイト

Elevenate

04. サーペンティン・ファイアー(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー, ヴァーディン・ホワイト・アンド・ラルフ・ジョンソン・オブ・アース・ウィンド&ファイアー)

Serpentine Fire (Feat. Philip Bailey, Verdine White and Ralph Johnson of Earth, Wind & Fire)

05. フィールズ・ライク・ホーム(フィーチャリング・ヨランダ・アダムス)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。