体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“被”選挙権を祝う第二成人式 25歳の町議「結婚式の資金で立候補した」

東京・中野での「第二成人式」

 成人となり、飲酒や喫煙できることに喜びを感じる若者は多いだろう。だが、25歳になったとき「被」選挙権が手に入ることを喜ぶ人は少ないのではないだろうか。2012年1月9日の成人の日、全国各地で成人式が行われるなか、この「被」選挙権取得を記念する「第二成人式」が実施された。故郷・新潟県津南町で町議となった東大大学院生の桑原悠さんは、政治家になりたいと考える若者らを前に「(郷土愛のために)落としたい議員がたくさんいた」と立候補に至った経緯を語り、「田舎で結婚式を挙げるためのお金を使った」ことを明かした。

 「第二成人式」は今年で3回目。25歳でなくても参加でき、若手政治家による講演やパネルディスカッションを通して、「25歳で被選挙権が手に入ることの自覚を広める」ことが目的。今年は仙台や大阪など全国6都市で開催され、政治家になりたいと考える学生や社会人らが来場した。

東大生町議の桑原悠さん

 現役の東大大学院生でありながら昨年10月、故郷の町議選でトップ当選を果たした桑原悠議員は、横粂勝仁衆院議員らとのパネルディスカッションで「選挙のためにどれくらいのお金を用意したか」と問われると、「私は町議選なので(国会議員や区議会議員と比べると)規模が違う」とした上で、

「田舎で結婚するための資金として貯めていたものと、東大の学費を払うためのお金、70万円を用意した。これは私の全財産」

と語り、最終的にはこの中から38万円を使ったことを明かした。

◇関連サイト
・第二成人式の意義の説明 – 「志援隊」公式サイト
http://shientai.net/25th-ceremony.html

(寺家将太、土井大輔)

【関連記事】
「まど☆マギ」まどか演じた悠木碧も大人の仲間入り 著名人にみる今年の「新成人」
横粂議員「菅総理の『脱原発宣言』は偽りそのもの」
民主党除籍の横粂議員「菅総理の信なき政治を終わらせる」菅首相の地元で出馬へ
野田首相「一票の格差の問題、他の課題より優先する」
東浩紀「国会でニコ生の中継が流れれば議員はまともになる」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。