体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

路上駐車をしても違反キップを切られない場所

路上駐車をしても違反キップを切られない場所

市街地の道路は、ほとんどが駐車禁止になっていますが、禁止されていない場所であれば道路交通法に則り、合法的に路上駐車できます。とはいっても、道路交通法で定められている駐車禁止場所が多いのが難点です。そんなときは、安心して路上駐車できるパーキングメーターを活用しましょう。

機器が動作していない夜間に路上駐車

道路交通法が定める駐車禁止場所はいろいろ。規制標識や道路標示がある場所はもちろん、交差点から5m以内や横断歩道から5m以内、曲がり角から5m以内、消火栓から5m以内、道路工事から5m以内、車庫から5m以内などです。

このほかにも踏切から10m以内、安全地帯の左側から10m以内、バス・路面電車の停留所の標示板から10m以内、駐車した右側の余地が3.5m以下の場所などさまざま。市街地で合法スペースを見つけ出すのは極めて困難です。

そこで注目してほしいのが、パーキングメーター(時間制限駐車区間)のスペース。道路交通法の駐車禁止場所をクリアしており、機器が動作していない夜間は、路上駐車できる場所があります。

駐車可標識があれば安心して路上駐車

周囲に、夜間帯の駐車禁止標識や道路標示が無いかチェック。目の前には無くても、離れた所に規制標識が立っていることがあります。規制標識がなければ白線内に路上駐車できます。

夜間のパーキングメータースペースに、駐車できることを示す駐車可標識があれば大丈夫。安心して路上駐車できます。補助標識が示す規制時間内に限られるので注意してください。

ただし、駐車可能な場所であっても夜間に8時間以上(昼間12時間以上)駐車すると、道路交通法ではなく保管場所法違反で処罰されることになります。経過時間には気を付けましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。