体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

C-HR登場の影で中古国産コンパクトSUVが買い時に。このチャンスを逃すな!

▲大ヒットモデルが生まれるとライバルモデルの中古車相場も大きく動きます。2016年末に登場したトヨタ C-HRも、日産 ジュークをはじめとするコンパクトSUVの相場に影響を与えていました!

▲大ヒットモデルが生まれるとライバルモデルの中古車相場も大きく動きます。2016年末に登場したトヨタ C-HRも、日産 ジュークをはじめとするコンパクトSUVの相場に影響を与えていました!

超注目モデルが新車で登場すると、ライバル車の中古車相場が下がる理由

新車と違い、中古車には“定価”がありません。すべての中古車の車両本体価格は、車を欲しいと思っている人の数(需要)と店頭に並ぶ中古車の数(供給)のバランス=相場をベースに決められています。

その車を買いたいと思う人が増えると中古車の数が少なくなるため相場が上がり、反対に人々の気持ちがその車を買いたいというところから離れると売れなくなる分、お店は少し値段を下げてでも売りたいと思い相場が下がります。今、“思う”という表現を使いましたが、まさに相場とは人々の“気持ち”に左右されるもの。これは株式相場や円相場も同じです。

相場が気持ちに左右されるなら、多くの人の目がその車から離れている隙をつくことで中古車を安く買えるはず。投資の世界で言うところの“逆張り”はどのようなタイミングでできるのでしょう?

代表的なタイミングが、新車で圧倒的な人気モデル・注目モデルが登場したりフルモデルチェンジしたとき。人々の注目がその車に集中し、中古車を探していた人も「どんな車だろう?」「中古車を買うつもりだったけれど新車にするのも悪くなさそう」「実車を見てからどちらを選ぶか決めよう」など意識がそちらに向くため、ライバルモデルの中古車の動きが鈍ります。するとお店は値段を下げてでも注目度を高めようとします。ここが絶好の逆張りタイミングになるのです。

トヨタ C-HRの影響で人気コンパクトSUVの相場が軒並み下落!

▲デビュー1ヵ月後にメーカーから発表された受注状況は、事前受注も含めて約4万8000台! この勢いは当分続きそうです

▲デビュー1ヵ月後にメーカーから発表された受注状況は、事前受注も含めて約4万8000台! この勢いは当分続きそうです

圧倒的な人気モデルの登場による逆張りタイミング。まさにその波が押し寄せているカテゴリーがあります。そう。トヨタ C-HRが昨年末に登場したことで沸き立つ国産コンパクトSUVです。

発売前から大きな話題となり、発売1ヵ月後の受注状況は月販目標台数の8倍となる約4万8000台! 1月末に注文してもハイブリッドモデルは早くて4月下旬の納車、グレードやオプション次第ではそれ以上かかるといいます(トヨタ公式HPより)。

これだけC-HRに注目が集まると中古車のライバルモデルはたまったものじゃありません。もともと中古車は新車より安く買えることが大きな魅力ですが、C-HRに向いた人々の意識を自分たちに戻すため、年明けから軒並み中古車相場が下がっています。

2ドアクーペのようなスタイリッシュさが与えられつつもSUVならではの迫力も持ち合わせたデザイン。ハイブリッドシステムを搭載し30.2km/L(JC08モード)という圧倒的な低燃費を実現(ガソリン車は15.4km/L)。C-HRの魅力を語ればキリがないですが、ライバルモデルだって負けていませんよ!

日産 ジューク~1ヵ月で10万円近く値を下げたNISMO RS

▲足回りに定評のあるジュークにNISMOの技術を注ぎこんだジュークNISMO RSが大きく値を下げています

▲足回りに定評のあるジュークにNISMOの技術を注ぎこんだジュークNISMO RSが大きく値を下げています

ジュークの魅力はなんといってもデザイン。バンパーに埋め込まれたヘッドライトとボンネット上に置かれたポジションランプ&ウインカー、バイクのタンクをモチーフにしたセンターコンソールなどの特徴的なデザインは、デビューから7年近く経っているのにいまだ鮮度が落ちていません。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。