体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EGOIST、マイケル・アリアス制作の『虐殺器官』SPコラボムービーを期間限定公開

EGOIST、マイケル・アリアス制作の『虐殺器官』SPコラボムービーを期間限定公開

2月3日公開の映画『虐殺器官』主題歌となるEGOIST「リローデッド」のスペシャルムービーが、2月10日までの期間限定で公開された。

このスペシャルムービーは、「Project Itoh」シリーズの中の1作である『ハーモニー』の監督、マイケル・アリアスが特別に制作。「『虐殺器官』を、なんとなく呼び起こすことのできるスペシャルムービーが作れたら良いと思った。もう一つの目標は、『虐殺器官』の世界感と『ハーモニー』の世界感を結びつけ、その共通バックストーリーを少し味わせる事だった」とマイケル・アリアス監督は語り、本編とはまた違った「Project Itoh」の世界を想起することのできる映像作品に仕上がっている。

マイケル・アリアス監督 コメント全文
EGOIST’s electronic music employs a palette of abstract, synthetic sounds, so it made sense to
create a music video for the song “Reloaded” using abstract, synthetic visuals. I also wanted to
create a music video that “evokes” Genocidal Organ without actually showing excerpts from it,
like so many film-soundtrack music videos. Another goal of mine was to link the world of
Genocidal Organ, and that of Harmony (which I directed with Takashi Nakamura), and suggest
some of the backstory that the two stories share. I want the stock footage, analog style video
distortion, and military-style imagery to hint at themes from Genocidal Organ. On the other hand,
the information graphic, motion graphic, and procedurally-generated sequences, should feel like
they belong to Harmony (and in fact, I used variations of techniques I developed for Harmony).
…Michael Arias, January 2017, Tokyo

EGOISTの音楽は、人工的で抽象的な音源から構成されているから、「リローデッド」のスペシャルムービーを作るにあたっても人工的で抽象的な映像をベースにした。それに、本編の映像をそのまま使うような、映画音楽のPVのようなありがちな形ではなく、「虐殺器官」を、なんとなく呼び起こすことのできるスペシャルムービーが作れたら良いと思った。
もう一つの目標は、「虐殺器官」の世界感と「ハーモニー」の世界感を結びつけ、その共通バックストーリーを少し味わせる事だった。ストック映像、アナログ風ディストーション、ミリタリーっぽいイメージなどは、「虐殺器官」のテーマのヒントになってほしい。一方で、インフォグラフィック的な映像やプロシージャル生成(アルゴリズムによる自動作成)の映像は、「ハーモニー」の世界へのリンクになれば良いと思う(実は、この中で「ハーモニー」用に開発したテクニックを使用している)。
…マイケル・アリアス 2017年1月 東京にて

「Project Itoh」公式サイト
http://project-itoh.com/

「リローデッド」スペシャルムービー

関連リンク

EGOIST オフィシャルサイトhttp://www.egoist-inori.jp/
EGOIST スタッフTwitter@EGOIST_2039

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。