体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony、「nuro モバイル」向けに1日あたり5時間の高速通信が利用できる時間制プランなど新サービスを発表

ソニーネットワークコミュニケーションズは 1 月 31 日、MVNO サービス「nuro モバイル」のサービス内容の強化を目的に、新サービス「5 分かけ放題」「5 時間プラン」「パケットギフト」を発表しました。これらの新サービスは 2 月 1 日より提供されます。「5 分かけ放題」は同日リリースされる格安通話アプリ「nuro でんわ」の通話定額オプションで、月額 800 円の定額料金で 5 分以内の国内通話がかけ放題になります。超過後もアプリの機能によって 10 円 / 30 秒の割安通話料が適用されます。「5 時間プラン」は注目です。これは、従来のように容量ではなく時間で通信速度に制限をかけるというもので、月額 2,500 円で提供されます。このプランでは 1 日あたり 5 時間は高速通信が可能とされていますが、どの通信に高速通信を割り当てるのかはシステム側で自動的に判断します。おそらく、動画やファイルダウンロードなどの大容量データが必要な場合に高速通信を割り当て、それ以外では速度を制限するのでしょう(詳細は不明です)。このプランの一番良い点は、従来プランだと一ヶ月の中で早い時期にプラン上限を超過した場合でも翌月まで低速通信が続くことが無い点です。たとえ 5 時間分を一日の早い時間帯に使い切っても待つのは数時間だけなので精神的にも良いプランだと言えます。「パケットギフト」はデータのシェア機能です。新設される利用者向けページでギフトコードを発行することで、2GB ~ 10GB のプランで契約している「nuro モバイル」ユーザー同士でデータを分け合うことができます。同社は新プランや機能のほか、「ZenFone 3 Max」と「AQUOS ケータイ SH-N01」を新たに発売し、既存の「ZenFone 3」「arrows M03」「BLADE E01」については価格を値下げします。Source : nuro モバイル

■関連記事
KDDI、AQUOS SERIE mini SHV38を2月3日に発売
Nextbitが米Razerに買収される。2018年2月まではRobinのアップデートを保証
ASUS、国内版「ZenFone Zoom(ZX551ML)」を手動でAndroid 6.0にアップデートできるPC用アップグレードツールを公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。