体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一まずいあめ、フィンランドの「サルミアッキ」を日本食に混ぜてみた

f:id:Meshi2_IB:20170126192745j:plain

みなさんは「サルミアッキ」を食べたことがありますか?

「サルミアッキ」はフィンランドのお菓子。リコリスというヨーロッパではメジャーなお菓子に、塩化アンモニウムを加えたものです。実はこの「サルミアッキ」、世界一まずいあめということで有名なんです。

先日、フィンランドに行った際、サルミアッキ系食品をいくつか購入してきました。試しに写真下のサルミアッキ味アイスを開封してみましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170126192757j:plain

ものすごい黒いアイスが出てきました。

味はほんのりとした甘さのなかに強めのしょっぱさ、そしてなにより、嫌な薬のような味がずーーーっと口の中に残り続けます。日本人の口にはちょっと合わない味だなという印象です。

f:id:Meshi2_IB:20170126192825j:plain

サルミアッキ味の飲料もありました。ほかにも完全にウケ狙いだろと突っ込みたくなるサルミアッキ味のテキーラなど、様々なサルミアッキ食品がフィンランドにはありました。

f:id:Meshi2_Writer:20161230201550j:plain

そんな記事のネタとしてはおおいに興味を引く「サルミアッキ」。現地フィンランドのスーパーで面白いものがないか探したところ、なんとサルミアッキパウダーを見つけました。これさえあれば、自分でサルミアッキ味のメシをつくることができるのです。

f:id:Meshi2_Writer:20161230201623j:plain

開封してみるとなんとも怪しい粉……空港のX線検査に引っかかってもおかしくない雰囲気です。この粉末であれば、さまざまな料理に応用は可能でしょう……ということで、やってみました!

「サルミアッキ」を和食に組み込む

せっかく海を越えて日本にやってきた「サルミアッキ」。

日本食に合わせてあげましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20161230201654j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。