体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超画期的! コピー用紙にプリントするだけのVRコントローラーが登場!!

写真提供:GAMEPLUS

ハコスコやGoogle Cardboardの登場で身近になったVR(仮想現実)は、近い将来、紙のコントローラーでより身近なものになるかもしれない。

OculusやVIVEなど高性能なVR向けHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が次々登場する一方で、コンテンツを操るコントローラーはまだ発展途上にあり、グローブタイプやリング式などさまざまなアイデアがスタートアップを中心に提案されている。だが、その多くはHMD以上に高価で、設定が難しいなどの課題が残っている。

それに対しPaperStick.netというグループが発表したアイデアは、スマートフォンでプレイするVRコンテンツという制約はあるものの驚くほどシンプルで、コピー用紙にプリントしたコントローラーでVRゲームをプレイできるという超画期的なものである。しかも、そのコストはたった2ドルしかかからないという。使い方も簡単で、プリントアウトした紙を線に沿って折り畳んでスティック状にし、指示された場所に指を置いた状態で動かすだけ。ハコスコやカードボードに取り付けたAndroidスマートフォンのカメラの前にPaperStickをかざして動かすと、それだけでVRゲームやコンテンツを操作することができる。

アイデアはシンプルで、紙に印刷された大きな文字をカメラで読み取って、位置情報を判断するというもの。3Dのデジタル情報を階層化された状態のまま読み取るという、4年前からすでに存在するAR(拡張現実)技術が使われていて、特別な特許のある技術ではないからなのか、コントローラーのデータは誰でも無料で使えるようウェブ上に公開されている。

写真提供:GAMEPLUS

現時点では、まだ同期が不十分だったり、操作する場合にカメラから指の位置がはっきり分かるようにするといった工夫は必要だというが、それ以外はシンプルで、ボタンがたくさん付いたコントローラーよりもはるかにシンプルで操作しやすい。むしろ、みんなで無料で使ってみて、実用化のためのアイデアを出し合って、より使いやすい技術にしようというのが公開の狙いなのかもしれない。

ハイエンドのVRが人気を集める一方で、低価格のお手ごろなVRも人気を集めており、FacebookやYouTubeでも360°のコンテンツが増えていることから、近い将来、雑誌の付録やファストフードのおまけとして、カードボードやハコスコと一緒にPaperStickがセットで配られるようになるかもしれない。
こちらの記事もあわせてどうぞ
「水曜日のカンパネラ」VRライブ映像をハコスコアプリで配信! 普通の撮影と、VR撮影って、なにが違う?

関連リンク

PaperStick.net

関連記事リンク(外部サイト)

【世界のドローン51】VRでドローンになった気分が味わえる? 「GHOSTDRONE 2.0」
VR、ARを活用した体験型教育がすごい
「モーションキャプチャー」が結ぶ、シン・ゴジラと野村萬斎さんの関係

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。