体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ZiiLABS、”100コア”プロセッサー「ZMS-40」を搭載したAndroid 4.0タブレットをCESで披露

Creative Technology傘下の半導体メーカー ZiiLABSが、Androidに最適化された100コア搭載SoC(System on a chip)「ZMS-40」を発表しました。ZMS-40には、最大1.5GHz駆動のARM Cortex-A9 CPUコアが4つ、ビデオ・オーディオのエンコード/デコード、2DグラフィックスとOpenGL ES 2.03Dグラフィックス、画像処理、浮動小数点処理を含む最近のSoCに求められるタスクの実行を可能にするプログラム可能な「StemCell」プロセッサーコアが96個(演算性能は58 GFlops)が搭載されており、既存のZMS-20(2×CPUコア、48×StemCellコア)よりもCPUの処理性能は最大2倍、StemCellコアを増やしたことでグラフィックス・メディア処理性能も最大2倍、性能を維持したままStemCell各コアの動作クロックを落としたことで消費電力は半減したという。ZMS- 40はAndroid4.0ベースのJugarタブレットに搭載され一部の顧客に対してサンプル出荷中。また、ZMS-40を搭載したAndroid 4.0タブレットがCES 2012のZiiLABSブースで展示されます。Source : ZiiLABS


(juggly.cn)記事関連リンク
MotorolaがCES 2012に向けたティーザー動画を公開、ワイヤレス充電に関連した新製品を発表?
Marvell、MediaTek、LG、Samsung、VIZIOがGoogle TVのパートナーに
iidaブランドのシャープ製スマートフォン「CDMA SHX12」がFCCを通過、

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。