体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

坂本美雨、冬の夜空を彩る子守歌の宴開催「おばあちゃんになっても歌っていけるかな」

坂本美雨、冬の夜空を彩る子守歌の宴開催「おばあちゃんになっても歌っていけるかな」

坂本美雨が、女性聖歌隊・CANTUS(カントゥス)と共に作り上げる子守歌の宴「坂本美雨 with CANTUS Special Live 〜 Sing with me」が1月28日、東京・TOKYO FMホールで開催された。

子どもたちの鑑賞が許された同ステージでは、小さな観客たちの声援や歌声、仕草などが素晴らしいスパイスとなる唯一無二の空間に。また、会場横には「赤ちゃんの部屋」が特設されていたり、休憩時間が設けられていたりと、子どもと共に楽しめるライブとなった。

昨年12月に発売されたアルバム「Sing with me Ⅱ」のジャケットのコスチューム・デザインと、クリエイティブ・ディレクションを担当したデザイナー・スズキタカユキの衣装に今回も身を包まれ坂本美雨 with CANTUSが登場。

今回のライブについて坂本は「私自身に娘が生まれてからライブに行きたくてもいけないことも増えたので、今回はお子様も招いて一緒に楽しんでもらえるようなステージが作れたらいいなと思っています」と語り、「子守歌なので、泣き声があるのはベストですね。泣いていた子が歌を聴いてそのまま眠ってくれたら本望ですけど(笑)」と笑顔を見せていた。

会場を隅々まで見つめながら言葉と気持ちを届けるように歌う坂本も、音楽に乗って楽しそうに踊る子どもを見つけた時には思わず「かわいい!」と言葉がこぼれる場面も。そして、会場にいる多くの子どもたちに向けて「いにしえの子守歌」や、アイルランド民謡の「ダニー・ボーイ」など、多くの家族の間で愛され歌い継がれてきた子守歌を披露した。

ライブの後半ではプロデュースも行っているアンビエント界の新鋭・haruka nakamura、20歳のころから付き合いのあるチェリスト・徳澤青弦、バイオリン・根本理恵と豪華ゲストが参加。16歳でデビューし、今年で歌い始めて20年となる坂本は、「Sing with me Ⅱ」でデビュー曲「The Other Side Of Love」をセルフカバー。「16歳の時に歌った曲をこの仲間と歌う事が出来て幸せに思います。20年分の想いを込めて歌います」と語り、当時の雰囲気を漂わせながらも熟成した大人の魅力あふれる楽曲に昇華させていた。

なお、ライブ翌日の1月29日が20年前にデビューした日だったようで、坂本美雨のInstagramでは「昨日のライブは20周年前夜だったのかー、はからずも、あの曲をあのメンバーであのアレンジでできて。そういうことだったんだなー。と納得。」という投稿もあった。

ライブの最後では、今回歌った曲たちについて「100年、200年と歌い継がれている曲もたくさんあるので、私たちがおばあちゃんになっても歌っていけるかな」とコメント。また、「この音楽たちがみなさんの生活に溶け込んでいってくれればうれしく思います」と語った。

そして、今回初の試みとなった子どもも参加できるコンサートについては「皆さんにとっても新しい体験になったのではないかと思います。いつかは、コンサートに足を運べない人たちのところにも歌を届けていけるように、ライフワークとしてやっていきたいと思います」と意気込みを語った。

関連リンク

坂本美雨 オフィシャルウェブサイトhttp://www.miuskmt.com
坂本美雨 YouTubeオフィシャルチャンネルhttp://www.youtube.com/user/MiuSakamotoOfficial
坂本美雨 オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/miusakamoto
坂本美雨 オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/MiuSakamotoOfficial

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。