体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫のおやつで七面鳥と握手!

高知県は南国。そんなことを言われていますが、今年は例年になく寒い。
こちらでは、寒いことを

「ひやい」

といいます。

この町、矢井賀(やいか)の人々も、「ひやいねぇ」 「ひやい、ひやい」と口にします。

というわけで、オルカさんからも、「ひやいねぇ、ひやいひやい」のお顔を頂戴しました。
1

(なんだか老け込んだご様子)

さて、そんな寒い中、この冬一番の身の毛もよだつ、「ひやい」ことを経験しました。

猫のおやつ試作がスタートするに当たり、重要な準備の一つに材料調達があります。

猫の飼い主として、とにかく素材にこだわったおやつにしたい!
というのはプロジェクトを立ち上げた時からの強い想い。

『鮮度や、その食材が育った環境もこの目で見て、納得した食材を使いたい。』

この想いがあったからこそ、ここ高知県 中土佐町 矢井賀まで移住をしてきたのですから。

ここならば、新鮮なお魚が手に入る。
そして、なんと矢井賀(やいか)地区のある中土佐町にはもうひとつの特産品が。
それは、国産の七面鳥がいるのです!!

七面鳥(ターキー)は欧米では食卓でも馴染みある食材で、もちろん猫のフードにも多く使用されています。

国内では、北海道、石川県と、そして、ここ高知県 でしか飼育されていないらしい。

高知の四万十ターキーはエサにもこだわっているし、四万十源流の地で、平飼いという良い環境で育てられていて、理想の食材。

(七色に顔色が変わることから七面鳥というらしく、お顔が白い時はストレスを感じてない証拠!)

四万十ターキーのお肉は、とっても貴重なので余すところなく、人間がいただくのですが、
3

(四万十ターキーはジューシーでうま味がすごい!海外で食べたターキーとは比較にならない程)

頭と足(もみじ)だけは、調理がしづらいということで、これまで捨てられていました。

チキンの場合は、頭や足(もみじ)はラーメンのお出汁に使われることが多く、

「七面鳥もこの頭と足でよいお出汁が取れるのじゃないか。」
「頭と足までちゃんと使ってあげた方が、七面鳥も浮かばれるのではないか」

という、にゃんこマガジン編集長 藍さんとの協議の結果、

『七面鳥の頭と足で、極上の猫用スープをつくってみよう!』という事になりました。
中土佐町役場の方も、「黄金の美味しいスープがとれますよ!」といってくれたので、

おおお!いい食材が手に入る!!

という、嬉しい気持ちいっぱいでおりました。まだこの時は・・・。

しかし、私を震えあがらせたのは
その後、実際に七面鳥の頭と足をもらいに行ったときのことです。

七面鳥生産組合のおんちゃんが、

「はい、これとこれとこれ」
と、七面鳥の頭と足の入った袋を3袋も出してくる。
4

(そのままの写真は怖いので、加工したらより一層怖くなったような。ごめんなさい。)

そして、大きな透明のビニールに入ったソレは、
こちらを見ている気がする。

心の中で
「目を合わすな、目を合わすな。」
といいつつも、つい見てしまうのが人間の性。

冷凍されているので、ややモザイクのようになっているが
やはり、ソレは見ていた。七面鳥の頭たちがこっちを。

背中がぞくっとする。

とはいえ、次に頭と足をいただけるのは半年後ということなので、
貴重な頭と足を、あるだけ全部頂いて帰ることに。

なるべく中身が見えないように、発泡スチロールに押し込む。

なにしろ、量が結構ある。かなりかさばるのだから運ぶのもなかなか大変。

そして、必死で持ち帰ったその時に、
大事なことに気が付いたのです。

家の冷凍庫に入らないという事に!?(時すでに遅し)

うちの小さな冷凍庫では七面鳥の頭だけでいっぱいいっぱい。

どうしたものか考える
足が・・・
足が入らない・・・

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。