体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Moto Z用Moto Modsの開発支援プロジェクトの第一弾はワイヤレス充電&IRブラスタを統合した超薄型シェル

Motorola が昨年末に IndieGoGo と協力して実施を発表したサードパーティの開発者による Moto Mods の開発支援プロジェクトの第一弾作品「The Ultimate Moto Z Mod with Wireless Charging」のクラウドファンディグが開始しました。この Moto Mods はワイヤレス充電機能と赤外線の IR ブラスタを一体化した Moto Mods で、Moto Z シリーズをワイヤレス充電に対応させ、さらに汎用の赤外線ポートを追加できます。Moto Z シリーズは標準仕様でこれらの機能には対応していませんが、Moto Mods だと両方の機能に一括で対応できることになります。また、ワイヤレス充電機能と IR ブラスタは市販のスタイルキャップと同じサイズのカバーに収納されており、マグネットで背面に取り付けると利用できるようになっています。Motorola はサードパーティの開発者に Moto Mods のアイデアを提出するよう呼びかけており、応募作品の中から候補を選出し、今回のようにクラウドファンディングを実施しています。今後は IndieGoGo のクラウドファンディングを通じて資金調達が行われます。今作のラインアップは、$35 のワイヤレス充電だけに対応したものと、$45 のワイヤレス充電と IR ブラスタを統合したものがあります。Source : IndieGoGo

■関連記事
Google、Chromeの描画性能を高めるために実施したレンダリングパイプラインの改善内容を公開
Android版「ポケモンGo」の最新版では音楽アプリの再生を停止しない
Android 7.0にアップデートされたNVIDIA SHIELDでPlayStationやXboxのコントローラーが利用可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。