体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たのしいカスタムROM : LineageOSのボタンカスタマイズ機能を利用するとナビバーのレイアウトが自由自在

Android 用のカスタム ROM「LineageOS」が独自に提供しているボタンのカスタマイズ機能を利用すると、通常の Android スマートフォンよりも操作が楽で便利になります。この記事では LieageOS の「ボタン」セクションの機能を紹介します。LineageOS には CyanogenMod 時代からの「ボタン」セクションが設けられており、スマートフォンのナビゲーションバーのレイアウトや電源・ボリュームボタンの機能をカスタマイズできます。通常、Android のナビゲーションバーのボタン配置や機能などは変更できませんが(LG スマートフォンや OnePlus スマートフォンなど例外はあります)、LineageOS の機能を利用すると・・・、「戻る」と「アプリ履歴」を入れ替えたり、ボタンを右手操作用に肩寄せしたり、クリップボードや検索ボタン、キーボードアプリのキーショートカット、メニューボタンを追加することもできます。このセクションではレイアウト変更のほかにも、ホームボタンの長押し、またはダブルタップのアクションに機能を割り当てたり、電源ボタンを長押しすると現れるメニューにスクリーンショットや音量パネルを追加したり、ボリュームボタンで画面が復帰するように設定することもできます。機能は豊富です。

■関連記事
Facebookアプリの「インスタントゲーム」コーナーではパックマンやソリティアなどのミニゲームで遊べる
トランプ氏の愛用AndroidスマートフォンはGalaxy S3だと推定される
ASUS、5,000mAhバッテリーに強化された「ZenFone 3s Max(ZC521TL)」を海外で発売へ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。