体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外の世界はまるでジャングル!忘れられない思い出になった「母性丸出しのガルガル期」 by ナナハル

外の世界はまるでジャングル!忘れられない思い出になった「母性丸出しのガルガル期」 by ナナハル f:id:akasuguedi:20170128151942p:plain f:id:akasuguedi:20170128151956p:plain f:id:akasuguedi:20170128152017p:plain 前回エピソード:会陰縫合は抜糸も痛~~い!不意打ちでやってきた、強烈な痛みに悶絶 by ナナハル

入院生活は最初こそ苦労したものの、同じように思う初産ママさんとの交流や、先輩ママさんからのアドバイス、助産師さんの助けがありすぐに慣れることができました。

退院する頃には名残惜しく感じましたが、家での自由な生活が楽しみでもあり意気揚々と病院をあとにしました。

ところが、

病院から一歩外へ出るとそこはまるでジャングル!!

病院では部屋もタオルも常に清潔に保たれ、室温も赤ちゃんに合わせて設定され、さらにはその道の専門家(助産師さん、先生)が定期的にチェックしてくれる、

それが「当たり前」として過ごしたために、

外での「当たり前」がとてつもなく恐ろしくジャングルのように感じたのだと思います。

家に帰ってからも免疫の低い赤ちゃんを守らなければいけないという想いから必要以上に調べてはどんどん不安になり、心も身体も疲れていきました。

今でこそ、ほとんどのことは「様子見」で過ごせるようになりましたが、産後何週間かの私の野生化は、今では笑えますが家族も大変だったと思います…(汗)

ですが、

これも「母親」としての成長の一つ。

たくさんの幸せな思い出と共に忘れずにいたい大事な思い出なのです…。 関連エピソード:難しいことは考えずに歩き始めてみよう。母親としての一歩を踏み出した「決意」の瞬間 by ナナハル

f:id:akasuguedi:20160513121135p:plain

著者:ナナハル

年齢:25歳

子どもの年齢:1歳

アパレル会社にて子供服の企画デザインに携わり、2014年7月やんちゃすぎる息子”ハル”の出産を機に退職。

1歳を機にインスタグラムにて「ナナハル絵日記」を開始。毎日の何気ない出来事や1ヶ月ごとの成長記録イラスト、4コマ漫画を投稿中。

たまにハンドメイドも。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

脱・プリントの地層!「いつ捨てれば?」を解決する、ママならではのEvernote活用術
とにかくかわいい!
育児のイライラやゲッソリも笑いに変える!インスタで人気、カフカヤマモトさんのノート術

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。