体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の沖縄サイコー!旅するように働き、暮らした15泊16日記

f:id:atsushimatsuoka:20170130094249j:plain

暑い季節は涼しいところへ、寒い季節は暖かいところへ。快適な環境を求めて移動しながら、どこでも同じように働けることをめざす「渡り鳥プロジェクト」。

行ってきました、そして帰ってきました沖縄から。前回の予告通り、暖を求めて初の「渡り鳥」を決行しましたよ。滞在したのは沖縄本島の北谷(ちゃたん)と石垣島。竹富島にも行きました。15泊16日という期間中、合流した友人や両親と観光した日もありましたが、基本的には都内の自宅で過ごすように、妻と子と「ふつうに」暮らしていました。

渡り鳥プロジェクトがめざすものは日常であり、非日常の旅とは異なります。もちろん非日常感がまったくなかったかと言えば嘘になりますが、心構えとしては努めて「変わらない日常」を送るようにしていました。たとえばご飯は外食ばかりでなく、近くのスーパーで食材を買って調理したりして。そしてもちろん、仕事をしていました。

そこで今回は、どんな仕事を、どんな風にしていたのかをレポートします。長文になりますので、先にまとめを書いておきますね。詳細は各エピソードをご覧ください!

<まとめ> ネットさえつながっていれば、宿、カフェ、公園、ビーチでも仕事は可能。 リュックひとつで仕事道具一式の持ち運びも可能。 宿のWi-Fiは容量制限があることも。モバイルルーターは持参した方が安心。 創作活動にはプリンターが必要。 15泊16日だとメンタル的には「旅気分」の延長に。 冬の沖縄はサイコー!

沖縄でどんな仕事をしていたか

デザイン会社経営とライターの二足のわらじを履く僕ですが、主な仕事は「自社商品の販売」と「原稿執筆」のふたつです。

前者は取引先や一般客から注文を受け、商品を届けるまでの処理がメイン。具体的には納品書を作り、出荷業務を委託している物流センターに指示を出し、商品が出荷されたことをお客様に伝え、同時に在庫の補充や販売サイトの更新なども行います。デザイン会社というよりはメーカーのお仕事ですね。

後者は文字通り、原稿を書くお仕事。人物を取材してインタビュー記事を書くこともあれば、無記名で広告記事を書くこともあれば、本コラムのように記名原稿を発表することもあります。

そうした業務を、沖縄滞在中も行いました。Airbnbで借りたオーシャンビューのマンションで頭上を飛び交う米軍機の轟音をBGMにしながら、という環境でしたが、パソコンに向かう姿勢はいつもと同じでした。

f:id:atsushimatsuoka:20170129113549j:plain

▲半袖で過ごせるほど気持ちのいい海風が吹いていました

商品の注文処理はビーチでもできた

商品の注文処理は通常、ノートパソコンひとつで完結します。

BtoB取引の場合はEvernoteに転送されるFAXの注文書を受け取って、クラウドストレージ(OneDrive)のデータと同期しながらExcelで納品書を作成。納品先や日時を指示するメールに添付して物流センターに送ります。

BtoC取引の場合は注文が入ったらメールで通知を受け、ショッピングカートの管理画面にアクセス。自動生成される納品書データをダウンロードして、同じく物流センターにメールで出荷指示をします。

要はネットにさえつながっていれば、どこにいてもできる業務です。ですから宿はもちろん、カフェ、公園、ビーチなどでもできました。

f:id:atsushimatsuoka:20170129113628j:plain
1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。