体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ねごと、新アルバムは驚きのレコーディング方法!?

ねごと、新アルバムは驚きのレコーディング方法!?
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。1月30日(月)のオンエアでは、女性4人組バンド「ねごと」から、蒼山幸子さん(Vo/Key)と澤村小夜子さん(Dr)をお迎えしました。澤村さんはサッシャを見て「相変わらず大きいですね」と感心。サッシャは「もうすぐ2メートルになります。無駄に大きくて」とさらりと返していました(笑)。

ねごとは2月1日(水)に新アルバム「ETERNALBEAT」をリリースしますが、このアルバムには中野雅之さん(BOOM BOOM SATELLITES)、益子樹さん(ROVO)がプロデュースした楽曲も含まれています。「お二人と一緒にできたからこそ、今回のアルバムのエレクトロでクールな世界観に踏み切れました」と蒼山さん。しかも、レコーディングの方法が今までとは違っていたそうです。

澤村:中野さんの場合は他の楽器を先にレコーディングして、ドラムのレコーディングは最後だったんです。
サッシャ:え!? 普通と逆だよね? 普通はドラムの音が入って、他の楽器が入って、最後に歌を収録するけど。
澤村:でも、なんだか安心して演奏ができました。間違えても責任がないというか(笑)。
サッシャ:リズム隊は自分がズレると曲全体がズレちゃって大変ですからね(笑)。

ヴォーカルの蒼山さんにとっては、先に歌をレコーディングすること自体が新鮮だったそうです。一方、益子さんも違う方法でレコーディングを行ったとか。

蒼山:バンド感のようなものを大事にして、みんなで演奏しながら、良いフレーズが出てくれば拾っていく感じでした。しかも、部分ごとにレコーディングするのではなくて、イントロからアウトロまで通して何度も歌って録音しました。だから、ライブ感があると思います。
澤村:曲の終わりに向けてどんどんヒートアップしていくので、そこをぜひ聞いてほしいです。

放送では益子さんがプロデュースした「cross motion」をラジオ初オンエア! 「歌の勢いが詰まってる! それにドラムの手数が多くて疲れそう!」とサッシャ。澤村さんいわく、これでもシンプルになったほうだったとか! レコーディングをしたのが夏だったため、暑くて汗をダラダラかいていたそうです。

ねごとは、2月からワンマンツアーも始まります。今年の活動も楽しみですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEAT PLANET」
放送日時:月・火・水・木曜 11時30分−14時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。