体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スーパーフード次のトレンドはコレ!? “奇蹟の木”モリンガとは?

ここ数年、話題になってきた様々なスーパーフード。そんな中、2017年にトレンドとなりそうなのが、モリンガです。

海外発の先進的なコスメブランドでエイジングケア成分としてモリンガが配合され、美容マニアの間で注目度が一気に上昇! スキンケアにも良いなら、食べるのはもちろん良いはず…と、改めてスーパーフードとしてのモリンガに熱い視線が注がれることに。そんなモリンガを毎日の食生活に取り入れる方法を、スーパーフードマイスターでもある管理栄養士の松原郁実さんに聞きました。

f:id:ponparemall:20170123142343j:plain

画像協力:食のセレクトショップ 濱崎屋

葉はもちろん、茎や根まですべて利用価値大!

北インド原産の樹木、モリンガ。厳しい暑さや乾燥にさらされ、汚れた水しかない地域でも、半年から1年で4〜5メートルの木に育つ、生命力の強さで知られています。

古代ローマ、ギリシャ、エジプト文明の記録によると、モリンガから採取したオイルが化粧品(香水や保湿)として珍重されていたとか。またインドの民間療法として伝わるアーユルヴェーダの書物によると、「5000年前から民間療法や食用にモリンガが使われていた」という記載が。現在でも別名“奇蹟の木”と呼ばれ、その成分は、さまざまな形で使われています。

「モリンガの特長は、葉、花、種、茎、根まですべての部位が栄養豊富なこと。捨てるところがない、といわれています。葉や花はお茶になり、葉はハーブとして使われることも。根の部分はオイルを抽出してコスメなどに。パウダー状のスーパーフードや、錠剤やチュアブルタイプのサプリメントは、葉から茎、種などを粉砕加工して取り入れやすくしています」(松原郁実さん・以下同)

f:id:ponparemall:20170123142449j:plain

画像協力:食のセレクトショップ 濱崎屋

スーパーフードの中でも、特別な栄養価

では、食品としてのモリンガには、どのような栄養素が含まれるのでしょう?

「ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なのはもちろん、必須アミノ酸やフィトケミカル、ギャバなどの貴重な成分が一度に摂れるのが、モリンガの一番の利点だと思います。

必須アミノ酸とは、人体をつくる20種のアミノ酸のうち、体内では合成できない9種類のこと。食物によって摂り入れないと不足する大切な成分ですが、モリンガにはこの9種すべてが含まれています。

フィトケミカルは、抗酸化作用により、細胞を老化させる活性酸素に対抗するといわれる成分。そしてギャバはアミノ酸の一種で、リラックス作用があるといわれ注目されています。発芽玄米などにも豊富に含まれますが、モリンガに含まれるギャバはその数倍あるといわれています」

抗酸化成分や必須アミノ酸は肌や髪に好影響なうえ、豊富な食物繊維が腸の働きにもプラスに。さらにストレスケアにもなるとは、さすが“奇蹟の木”!

しかし、厚生労働省のHPには、注意喚起の記載も。

「極めて限られた情報として、モリンガの葉の抽出物を妊娠ラットに対し高用量を経口投与したところ、流産がみられたとの文献報告がありました。このため、モリンガ(加工品を含む。)の摂取に際しては、妊娠している方または可能性のある方は十分にご注意して下さい」

通常は美容や健康の味方となるモリンガですが、妊娠中もしくは妊娠を希望している時期だけは、控えたほうが良さそうです。

パウダー、サプリ、お茶…どんな食べ方ができる?

f:id:ponparemall:20170123142551j:plain
1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。