体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

《インド》肥満税で生活習慣病を予防!? ジャンクフード好きは要注意!

《インド》肥満税で生活習慣病を予防!? ジャンクフード好きは要注意!
2017年1月30日(月)インドで生活習慣病予防を目的とした「肥満税」を導入しようとする動きがあることが明らかとなりました。(参考)

一般にジャンクフードと呼ばれる加工食品や、糖分を多く含む飲料に課税がされるそうですが、これらの飲食物を過剰摂取することによって、どのような健康被害が懸念されるのでしょうか。

今回はジャンクフードや、糖分を多く含む飲料による健康リスク、生活習慣病を予防する食生活などについて医師に解説していただきました。

日本での生活習慣病における受診者の傾向

《インド》肥満税で生活習慣病を予防!? ジャンクフード好きは要注意!
生活習慣病とは、生活習慣が原因でおこる疾患の総称で、動脈硬化症、高血圧症などがありますが、近年増加傾向にあります。

またこれらをベースとして発症するがん、循環器疾患、脳血管障害など重篤な疾患が日本人の死因の上位を占めています。

ジャンクフードを多量摂取してはいけない理由

《インド》肥満税で生活習慣病を予防!? ジャンクフード好きは要注意!
含まれる成分は商品によると思いますが、ショートニングと呼ばれる油にはトランス脂肪酸が含まれており、トランス脂肪酸悪玉コレステロールを増加させてしまうことがわかっています。

また、美味しくするために塩分や糖分が必要以上に含まれていることがあるので知らず知らずのうちに、摂りすぎになってしまう可能性があります。

ジャンクフードの多量摂取による疾患リスク

《インド》肥満税で生活習慣病を予防!? ジャンクフード好きは要注意!

動脈硬化症

血管の動脈硬化が進行し、血管の狭窄や閉塞を起こして十分な血流が確保できなくなります。

血管の弾力が失われ、詰まったり破れやすくなったりします。

高血圧症

異常に血圧が高くなるため、脳・心臓・腎臓・大血管などの臓器に急性の障害が起こり進行する病気です。

塩分の摂りすぎによって血圧が上がりやすくなります。

糖尿病

ジャンクフードに含まれる糖分の摂りすぎによって血糖値が上昇し、糖尿病にかかる危険性があります。

糖分を多く含む飲料を多量摂取してはいけない理由

《インド》肥満税で生活習慣病を予防!? ジャンクフード好きは要注意!
糖分を多く含む飲料を多量に摂取していると、ソフトドリンクケトーシスという糖尿病が急激に悪化したような状態にいたることがあります。

糖分を摂りすぎて高血糖になると、のどが渇くので、また糖分を含む飲料を飲み、高血糖になり、を繰り返してしまうことで発症します。

症状としては、激しいのどの渇き、全身倦怠感などを始め、重度になると、呼吸困難、意識障害など重篤な状態にまで至ってしまい、医療機関での治療が必要となってしまいます。

糖分を多く含む飲料の多量摂取による疾患リスク

《インド》肥満税で生活習慣病を予防!? ジャンクフード好きは要注意!
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。