体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也) 史上最大規模の全国ツアーも大盛況! ファイナル公演オンエア決定も

MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也) 史上最大規模の全国ツアーも大盛況! ファイナル公演オンエア決定も

 斉藤和義と中村達也によるロックユニット・MANNISH BOYSが、アルバム『麗しのフラスカ』を引っさげた全国30か所30公演のワンマンライブツアーを、2017年1月27日 Zepp Tokyo公演にて締めくくった。

その他 関連画像

 2011年の結成以来、最大規模でまわる今回のワンマンライブツアー【MANNISH BOYS“麗しのフラスカ”TOUR 2016-2017】は、2年振りにリリースとなった3枚目のオリジナルアルバム『麗しのフラスカ』をひっさげ、各地で熱いライブを繰り広げてきた。サポートメンバーにはおなじみ堀江博久(key,b)に加え、新たに青木ケイタ(sax)が迎え入れられた。

 ニューアルバムに収録の「Jungle Hurricane」からはじまったこのツアーファイナル公演は、8曲目「真っ赤なバレリーナ」まで新曲ばかりで怒涛の展開。MCでは、「ファイナル公演ともなると寂しいね」と斉藤がこのツアーを振り返る一面も。その後も斉藤のギターと中村のドラムを軸に、ベーシストとしてもキーボーディストとしても変幻自在なプレイをみせる堀江博久、さらに青木ケイタのバリトンサックスを中心としたサウンドはより厚みも増してアグレッシブだった。その自由度の高いパフォーマンスはオーディエンスを次々と圧倒し、本編の最後は「MANNISH BOYSのテーマ」で締めた。

アンコールで再登場したMANNISH BOYSはニューアルバムのタイトル・チューンでもある「麗しのフラスカ」、そして「My Dear FLASKA」を演奏。斉藤と中村がそれぞれトランペットを弾く姿も実に印象的だった。最後は1stアルバム収録の「ざまみふぁそらしど」を青木も含めた4人で演奏し、およそ120分、21曲という内容で本ツアーは終幕した。

 なお、このワンマンライブのファイナル公演の模様がフジテレビNEXT / NEXTsmartにて2017年3月25日に独占インタビューなどを交えたプログラム『MANNISH BOYS “麗しのフラスカ”TOUR 2016-2017 FINAL』としてオンエアが決定。是非、チェックしてほしい。

◎オンエア情報
フジテレビNEXT / NEXTsmart『MANNISH BOYS “麗しのフラスカ”TOUR 2016-2017 FINAL』
初回放送:2017年3月25日(土)21:00~23:00

◎ライブ・セットリスト情報
【MANNISH BOYS “麗しのフラスカ” TOUR 2016-2017】
2017年1月27日(金)Zepp Tokyo[動員:2,700人]
01. Jungle Hurricane
02. グッグッギャラッグッグ
03. Honey
04. レモン
05. 曲がれない
06. Only You
07. レモネード
08. 真っ赤なバレリーナ
09. 天使とサボテン
10. DIRTY BUNNY
11. 1.2.3.4
12. LOVE&LOVE
13. ダンゴムシ
14. うんこメーカー
15. CRAZY NURSE
16. GO! GO! Cherry Boy!
17. Mach Venus
18. MANNISH BOYSのテーマ
En1. 麗しのフラスカ
En2. My Dear FLASKA
En3. ざまみふぁそらしど
<メンバー>
斉藤和義(vo,g)
中村達也(vo,dr)
堀江博久(key,b)
青木ケイタ(Baritone Saxophone / Tenor Saxophone)

関連記事リンク(外部サイト)

ジェフ・ベック、来日中の最新インタビューが到着「日本に戻り続けていられることを、心から嬉しく思っている」
“ライブ体験の拡張”を目指すハッカソン、ビルボードライブ東京にて最終審査が開催
NAMBA69、新作を引っ提げ4月から全国ツアー開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。