体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RADWIMPS 最新AL『人間開花』収録曲「週刊少年ジャンプ」MVには連載作品の名シーンが登場

RADWIMPS 最新AL『人間開花』収録曲「週刊少年ジャンプ」MVには連載作品の名シーンが登場

 2016年11月にリリースされたRADWIMPSの最新アルバム『人間開花』より、収録曲「週刊少年ジャンプ」のミュージックビデオが公開された(https://youtu.be/ZwzPd9UbitE)。

 この楽曲は、アルバム収録内容詳細のみの発表のタイミングからTwitterでこのワードがトレンド入りし、タイトルの響きだけで「アップテンポな楽曲ではないか」など、SNS上で様々な議論が繰り広げられるほど反響があった楽曲。事前の予想に反してピアノでしっとりと歌い上げるバラード楽曲だったことで、そのギャップが更なる感動を呼び話題となっていた。

 メンバー自身が『週刊少年ジャンプ』を愛読して育ったこともあり、この楽曲はRADWIMPSにとっても特に思い入れの強いアルバム楽曲となっているが、楽曲を聴いた『週刊少年ジャンプ』のスタッフ陣も深く感銘を受け、今回のコラボレーションが実現。MVには歌詞とリンクして誌面で連載中の作品の名シーンが登場する。

 また、RADWIMPSが今春4月7日に北米公開予定の映画『君の名は。』のために新たに書き下ろした英語主題歌4曲の配信がスタートした。

◎『週刊少年ジャンプ』編集部副編集長 相田聡一-コメント
『週刊少年ジャンプ』では、50年近い歴史の中で様々なヒーローが誕生し、おかげさまで読者の皆様に熱い声援をいただける漫画誌を作り続けてくることができました。今回、RADWIMPSさんが、その読者の皆様の想いを代弁するようなジャンプへの愛が溢れる楽曲を生み出していただけたことに大変感激し、このようなコラボ企画を実現させていただく運びとなりました。是非お楽しみください。

関連記事リンク(外部サイト)

RADWIMPS 10年前のリベンジ! 「いいんですか?2017 ver.」MV公開
さユり×野田洋次郎(RADWIMPS)プロデュース「フラレガイガール」今日マチ子によりスマホコミック化
illion(野田洋次郎/RADWIMPS)新作『P.Y.L』より「Miracle」全世界110の国と地域で配信スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。