体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神様・宇宙・龍使い…スピリチュアル本豊作の理由とは!?

突然だが、「スピリチュアル」と聞いてどんなイメージを持つだろうか。

「死後の世界」「精神世界」「人知を超えたもの」というイメージ、あるいは「あやしげ」「宗教っぽい」と思っている人もいるかもしれない。

そのイメージの正否はともかく、今、出版界では「スピリチュアル」を扱う本にベストセラーが続出している。

22万部を記録した『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』や、9万部を記録した『「龍使い」になれる本』(ともにサンマーク出版)など、スピリチュアル本には出版不況と呼ばれる中でも堅調に版を重ねる本が多く、頼もしいジャンルになっている。

この「スピリチュアル本」のナンバーワンを決める「スピフェス」が17日、東京・浜松町で行われ、編集者や出版プロデューサー、著者、そして読者など、多数のスピリチュアル・フリークが集った。

表紙

■「神様」「宇宙」「龍使い」…スピリチュアルブームで生まれた人気書籍

このイベントでは、普段からスピリチュアル本手掛けている編集者や出版プロデューサーら7人が登壇。それぞれ、自分が制作に携わったものと、そうでないものの1冊ずつおもしろかったスピリチュアル本を挙げ、その魅力をプレゼンテーションした。

そこで挙げられた候補作と、それぞれへのコメントは以下の通り。

・『あなたの人生に奇跡をもたらす 和の成功法則』 (大野靖志著、サンマーク出版刊)

「この本は古神道がベースになっていて、日本発です。日本に伝わる“祓い”と“言霊”が、5次元に通じる、という画期的な理論にも注目です」(サンマーク出版・金子尚美さん)

・『願いはすべて、子宮が叶える~引き寄せ体質をつくる子宮メソッド~』(子宮委員長はる著、河出書房新社刊)

「目に見えないものについて知ることで自分の可能性が広がって、前向きになれるのがスピリチュアル本のいいところ。その意味では“子宮の声を聞いて生きると幸せになれる”というこの本は、読んだ後自分の可能性が広がった気がしました」(サンマーク出版・金子尚美さん)

・『宇宙とつながる、意識の設計図 「生命の樹――受け取りの法則」 月のリズムで行なうワーク 22日間』(小西温子著、Clover出版刊)

「スピリチュアルのメインテーマである“宇宙とつながる”“高次のものとつながる”といったことがどういうことなのかを改めて検討する本。自分が担当した本ですが、校正するうちに意識が拡大する経験をした。」(Clover出版・小田実紀さん)

・『お金の真理』(斎藤一人著、サンマーク出版刊)

「お金の本はもう一生読まなくていいなと思いました。この本だけでいい」(Clover出版・小田実紀さん)

・『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』(小池浩著、サンマーク出版刊)

「“引き寄せとは何か?”“スピリチュアルって何?”など、スピリチュアルについてありがちな疑問を突き詰めてできた本」(サンマーク出版・橋口英恵さん)

・『「龍使い」になれる本』(大杉日香理著、サンマーク出版刊)

「龍という見えない存在と協働することで、世の中をよくしつつ、自分の人生をよくしていこうという視点が新しい。この本の編集をお手伝いして、自分の人生も変わりました。」(ブックライター・編集者・江藤ちふみさん)

・『で、ほんとはどうしたいの?』(岡田哲也著、ワニブックス刊)

「タイトルの通り、自分が本当はどうしたいのかを問い続ける本。これがわかっていれば何をしていてもブレません」(ワニブックス・岸田健児さん)

・『このあと どうしちゃおう』(ヨシタケシンスケ著、ブロンズ新社刊)

「死をテーマにした絵本で、子ども向けだけどものすごく深い。一見シリアスに捉えられがちな死がユーモラスに描かれているところがすごい。死についてきちんと考える気持ちになります」(ワニブックス・岸田健児さん)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。