体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビー・ジーズ『サタデー・ナイト・フィーバー』40周年記念ライブ開催、C・ディオン/J・レジェンド/ペンタトニックス/DNCEら参加

ビー・ジーズ『サタデー・ナイト・フィーバー』40周年記念ライブ開催、C・ディオン/J・レジェンド/ペンタトニックス/DNCEら参加

 70年代に一世を風靡したビー・ジーズによる伝説的な映画サウンドトラック『サタデー・ナイト・フィーバー』の発売40周年を記念し、トリビュート・コンサート『Stayin’ Alive: A Grammy Salute to the Music of the Bee Gees』が現地時間2017年2月14日に開催される。

 【グラミー賞】の映画芸術科学アカデミーと製作会社AEG Ehrlich VenturesとCBSの共同制作で開催されるこの記念コンサートには、ビー・ジーズのバリー・ギブが登場してアルバム収録曲を数曲披露する予定だ。参加アーティストは、アンドラ・デイ、セリーヌ・ディオン、DNCE、ニック・ジョナス、トリー・ケリー、ジョン・レジェンド、リトル・ビッグ・タウン、デミ・ロヴァート、ペンタトニックス、そしてキース・アーバンがすでに発表されており、今後も増える予定だ。

 映画芸術科学アカデミーの代表ニール・ポートノウは声明で、「ビー・ジーズ、つまりバリーとロビンとモーリスは世界で絶大な人気を誇り、“サタデー・ナイト・フィーバー”を1970年代のポップ・カルチャーの象徴にまで押し上げました。熟練のハーモニー、まぎれもないグルーヴ、そしてオンステージのペルソナに負けない人間的魅力を兼ね備えた伝説の兄弟グループは、一つのジャンルだけではなく、一つの世代を定義しました。最も有名なサントラの一つを祝い、“サタデー・ナイト・フィーバー”を追体験できることを今から楽しみにしています」とコメントした。

 【グラミー賞】を5回受賞しているビー・ジーズのアルバム『サタデー・ナイト・フィーバー』は1979年に<年間最優秀アルバム>を受賞している。バリー・ギブ自身は【グラミー賞】を7回受賞している。

関連記事リンク(外部サイト)

ビー・ジーズ唯一の生存メンバー、バリー・ギブが秋にソロアルバム発売へ
ジョージ・ハリスン、ビー・ジーズらに【グラミー賞】生涯業績賞
ビー・ジーズ、故ロビー・ギブを追悼するビデオを発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。